「東京ゲームショウ 2022」来場者向け公式サイトがオープン―国内外465社が出展決定【TGS2022】 |

0
11

「東京ゲームショウ 2022」メインビジュアル

2022年9月15日(木)から18日(日)にかけて千葉・幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ 2022(TGS2022)」の現地来場者向け公式サイトが本日2022年7月6日にオープンしました。

2020年と2021年は新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑みてオンラインのみでの開催となったため、現地開催の実施は3年ぶりとなります。メインビジュアルは3年連続でイラストレーターのくっか氏が担当しており、2022年のテーマ「ゲームは、絶対、とまらない。」が表現されています。

出展社数は国内299社、海外166社で、合わせて465社となっています(※2022年7月6日時点)。出展規模は当初想定の1500小間を大きく上まわり、1902小間まで拡大しているとのことです。

「TGS」はインディーゲームの持つ魅力や可能性を発信すべく2013年から「インディーゲームコーナー」を設置しており、個人を含めたインディーゲーム開発者の出展支援企画を実施。スポンサーのサポートの下で、毎年選考出展が行われています。

本年は56の国と地域から過去最多となる583タイトルのエントリーがあり、選考の結果81タイトルの出展が決定しました。また、9月16日(金)にはゲームアイデアのプレゼンイベント「SENSE OF WONDER NIGHT」をオンラインで開催。会期に向けて公式サイトや配信番組で出展タイトルを紹介しながらインディーゲームを盛り上げ、脚光をあびるチャンスを創出するとしています。

インディーゲーム企画は「プラチナスポンサー」としてソニー・インタラクティブエンタテインメント、任天堂、講談社ゲームクリエイターズラボ、「ゴールドスポンサー」としてiGi indie Game incubator、「機器スポンサー」としてエルザ ジャパン、ベンキュージャパンが名を連ねています(※すべて協賛決定順)。

また、世界各国で販売されている米国発のエナジードリンク「モンスターエナジー」が、10年連続でTGS公式エナジードリンクとして特別協賛に決定しました。

メインビジュアル担当イラストレーター・くっか(Kukka)氏のコメント

ポップなイメージの色を使って、元気な印象になるように意識しました。ゲームでの交流や繋がりが日常的になっていっているなと感じており、それを表現するアイデアでしたが、イラストでつながりを表現して描くのは大変でした。ゲームのキャラメイク等からのイメージで、メイクアップするモチーフを入れるのが楽しかったです。

東京ゲームショウ 2022(TOKYO GAME SHOW 2022) 開催概要
主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
共催:株式会社日経BP、株式会社電通
後援:経済産業省(予定)
会期:2022年9月15日(木)…ビジネスデイ 10:00~17:00
   2022年9月16日(金)…ビジネスデイ 10:00~18:00
   ※16日(金)14:00~18:00は一般来場者も入場予定
   2022年9月17日(土)…一般公開日 10:00~18:00
   2022年9月18日(日)…一般公開日 10:00~18:00
   ※一般公開日は状況により9:30に開場する場合があります

会場:幕張メッセ(千葉市美浜区)展示ホール1~8/国際会議場
想定来場数:15万人



著者: ” — news.google.com