プロゲーマーハイタニ選手「今回の『KOF』はすごく遊びやすい」――オープンβテストの様子をリポート – THE KING OF FIGHTERS XV特設サイト

0
3


 2022年2月17日発売予定の新作対戦格闘ゲーム『THE KING OF FIGHTERS XV』(以下、『KOF XV』)のPS5/PS4版のオープンβテストが2021年11月20日~22日に実施された。

 編集部では、オープンβテスト期間中に実施されたインフルエンサーによる生放送現場やユーザー対戦会に潜入。プロゲーマーのハイタニ選手やオープンβテストに参加するプレイヤーの様子や声を集めてみたので、その様子をお届けする。

インフルエンサーの生放送を中心に盛り上がりを見せる


 まずはSNSなどネット上でのプレイヤーたちの反応から紹介。『KOF』ファンにとって、このオープンβテストはまさに待望! テスト開始時間となる2021年11月20日の12時を過ぎると、すぐさま各所からプレイ報告が上がってきた。

 グラフィックの進化や新モーションなどの変更点の発見を楽しむプレイヤーもいれば、トレーニングモードで見つけたコンボを共有したりと、格闘ゲームの発売当初恒例の“お祭り騒ぎ”は、製品版さながらの勢いを感じさせた。


 また、プロゲーマーのSCORE選手はオープンβテストの開始から12時間ぶっ通しで生放送を行い(身体にはお気を付けください……)、シリーズの強豪プレイヤーとして有名なづねさんは、キャラクター解説動画をYouTubeにアップするなど、東京ゲームショウのときのように、インフルエンサーたちが自身のSNSや動画メディアを通じて積極的に情報を発信していた。




 オープンβテストの実施に伴い、SNKはユーザーから意見や感想、不具合報告を集めるために#kofxvobt、#kof15obtというハッシュタグをTwitterに用意。少しでも多くユーザーの率直な感想を集めて、製品版のクオリティーアップを図りたいというSNKの心意気が感じられた。

 開発者へ直接気持ちを届けられるチャンスでもあるので、オープンβテストに参加したけどまだ意見や感想を送っていないという方は、ぜひツイートしてみてはいかがだろうか?

忍ismGamingのオープンβテスト生放送


 『THE KING OF FIGHTERS XV』のオープンβテストに合わせて、プロゲーミングチーム“忍ismGaming”のYouTubeチャンネルにて、ハイタニ選手、ジョニィ選手、ヤマグチ選手による生放送が実施された。『KOF』好きのハイタニ選手が、シリーズ初体験となる若手のジョニィ選手、ヤマグチ選手にレクチャーしたり、ハンデをつけながら対戦したりしており、終始和気あいあいとした雰囲気で進行しているので、『KOF』を知らなくても楽しめる内容になっている。気になる人はぜひ下のリンクからアーカイブをチェックしてほしい。

 また、撮影現場にお邪魔させていただき、放送後のハイタニ選手、ジョニィ選手、ヤマグチ選手にオープンβテストを体験した感想を語っていただいた。












samune


左からジョニィ選手、ハイタニ選手、ヤマグチ選手。


――『KOF』の魅力はどんなところにあると思いますか?

ハイタニ やっぱり、1対1で戦う一般的な格闘ゲームと違って、3キャラ選べるというところじゃないですかね。『KOF』はキャラクターがカッコいいので、「このキャラを使いたい」、「あのキャラも使いたい」となると思うんですよ。そういった好きなキャラを選んでオリジナルチームを組むのが楽しいです。

 たとえば、「ストーリー設定で同じチームのキャラ同士を組ませると、オリジナルっぽく見えないから散らばらせよう」だったり、「女性キャラクターだけで固めよう」だったり、コンセプトを持ってチームを組むと、その人の個性が見えてくるからおもしろいですよね。

――たしかに、チームを組めるのが醍醐味のひとつかもしれませんね。では、オープンβテストを実際に体験してみていかがでしたか?

ハイタニ 弱パンチ連打でコンボがくり出せる“ラッシュ”があるおかげで、すごく遊びやすい印象を受けました。動画を見てもらえばわかると思うんですが、ハンデがあるとはいえ、初めてプレイするジョニィとヤマグチが、プレイ経験のある自分といい勝負ができましたからね。

 “シャッターストライク”だったり、新しい要素のおかげでコンボに使えるパーツがかなり増えてるので、入りやすくもあり、奥も深そうだと感じました。

――『KOF』シリーズを初めてプレイされたヤマグチさんとジョニィさんはどう感じましたか?

ヤマグチ 『KOF』シリーズはキャラクターがとにかくカッコよく、『KOF XV』が発売されたらプレイしようと思っていたので、今回体験できてよかったです。ハイタニさんがおっしゃったように、ラッシュのおかげで初心者にもやさしいのがいいですね。

ジョニィ 3人1チームのゲームは、3人分のコンボを覚えるのがたいへんそうで敬遠がちだったんですけど、ラッシュの存在がありがたく感じました。『KOF XV』は格闘ゲームの中でもとくにスピード感のあるゲームで、すごく感覚的に動かせるところがよかったです。脳からアドレナリンが出ているなって(笑)。

――ハイタニさんは過去作もプレイされていますが、それらと『KOF XV』を比べるといかがでしょうか?

ハイタニ やっぱり、グラフィックが格段に進化したのが目を引きますね。復活したキャラクターが3Dになっていて、とにかくカッコいいです。システム面を見ると、プレイ感覚自体は大きく変わらないのですが、MAXモードがすごく強くなっているのがよかったです。

 前作『KOF XIV』は、MAXモード(クイック)を使ったコンボができないと土俵に上がれない感じになっていました。ですが、『KOF XV』ではMAXモード(クイック)を使ったコンボが使えなくても、通常のMAXモードで攻撃力強化などの効果を活かして戦えるので、昔のシンプルな『KOF』をプレイしていた人にとっては、かなり遊びやすくなったんじゃないかと思います。

――オープンβテストで気に入ったキャラはいますか?

ハイタニ 新キャラのドロレスが気に入りました。『KOF』にいままでいなかったタイプの動きができるので、やり込み甲斐がありそうです。キャラのデザインも独特ですし、性能もトリッキーでおもしろかったですね。衣装もコスプレイヤーさんがやりそうだし注目だなと。

 ほかには、オロチチームの面々がカッコいいし、コンボも気持ちよくつながるようになっているので、かなり手ごたえがありました。あとは、“裏”の存在が気になります(笑)。

ヤマグチ 僕は以前から見た目でシュンエイと庵が使いたいと思っていたんですけど、今回実際に触ってみて気に入ったのがクリスです。かなりスピードがあっておもしろそうだと感じました。

ジョニィ オレはシェルミーですね。技の性能がすごくわかりやすくて強かったのと、目が隠れてるキャラが好きなんですけど、シェルミーは両目が隠れているんですよね(笑)。

――今後登場予定のキャラで使ってみたいキャラはいますか?

ハイタニ 不知火舞ですね。見た目がとても魅力的なので、新作が出るたびにどんな技があるかと気になります。早く実際に使ってみたいですね。

ヤマグチ 新しく始めるゲームは基本的に見た目から入るので、そういった意味では新キャラのイスラが気になっています。

ジョニィ オレはヴァネッサですね。『KOF XIV』の動画を見たら、ヴァネッサがかなりスピードがあって攻撃力も高そうなので気になりました。女性ボクサーという格闘ゲームではあまり見かけない設定もいいですね。

――復活してほしいキャラクターはいますか?

ジョニィ 昔プレイしてたゲームにルガールが出ていたので、ルガールですね!

ハイタニ 自分は草薙柴舟ですね。『KOF XV』はイケメンキャラが多くて、タクマとかおじさんキャラがリストラされてる傾向があるんですけど、『KOF』には渋くてカッコいいキャラも多いので、その中でもとくにカッコいい草薙柴舟が出てほしいです。

――それでは最後に『KOF』新作を気になっているファンへのメッセージをいただけますか。

ジョニィ 本作は、これまで『KOF』を触って来なかった人でもすごく手軽に楽しめるのかなと思います。システムも進化しているので、シリーズをプレイされてる人もまた新しく遊び直せるはずので、気になる人はぜひプレイしてみてください。

ヤマグチ 僕は新規のプレイヤーなんですけど、『KOF』はめちゃくちゃカッコいい、かわいいキャラがいるので、いろんなキャラクターを使ってみたくなるゲームだと思います。見た目がいいとかっこいいコンボを決めてみたいと思えるので、すごく楽しみです。

ハイタニ 今回のいろいろなシステムの変更で、昔遊んでた人でも楽しめるし、前作をプレイしていた人の技術も活かされるゲームにもなっています。また、これまでプレイしたことのない人が遊びやすくなるようなシステムも追加されているので、ぜひ一度遊んでいただきたいです。

各地で『KOF』ファンによる対戦会が実施! 最速トーナメントで熱い前哨戦も


 オープンβテストに合わせて、有志のプレイヤーによるオフ対戦会が東京や大阪、名古屋など各地で開催された。以下に、おもな対戦会の主催のツイートを掲載。ファンの盛り上がりを感じ取ることができるので、ぜひTwitterアカウントを覗いてみてほしい。


 今回はそれらの中で、東京・秋葉原の“eXe FIELD AKIBA”で行われたオフライン対戦会にお邪魔してみた。現役『KOF』勢はもちろん、他タイトルがメインの格闘ゲームプレイヤーも散見され、『KOF XV』への期待の高さを感じさせた。











エグゼ外観①-min-min





エグゼ内観-min











対戦会風景①-min-min





対戦会風景②


 オフライン対戦会では、おそらくオープンβテスト最速となるオフのトーナメントが行われた。まだ発売前のオープンβテストとあってか、ルールは全員に優勝のチャンスがある“1試合先取、シングルエリミネーション”で実施。プロゲーマーや初めて『KOF』シリーズをプレイするという多彩な顔ぶれの出場者が集まった中、現役で『KOF』シリーズをプレイする傍ら、大会の解説などでも活躍するBONさんが栄えある優勝を果たした。











トナメ①-min-min





トナメ②-min-min


ミニトーナメント優勝者 BONさんインタビュー

ーー今回オープンβテスト版で遊んでみての印象はいかがでしょうか?

BON 昔からの『KOF』プレイヤーからすると、今回は神楽ちづるやオロチチームなどの復活キャラで遊べたのが、懐かしさを感じられてうれしかったですね。

ーーミニトーナメントでは、オロチチームを使っての優勝でした。わずかな時間しか準備できなかったのにも限らず、使いこなせていたのは素晴らしかったです。

BON 今回オロチチームを選んだ理由として、昔とあまり操作感が変わらなかったというのがあります。とくに、クリスは旧作でメインキャラとして使い込んでいましたから、そのノウハウが試合でうまく活きた印象ですね。

 復活キャラたちは、当然グラフィックの進化やモーションの変更など新しいポイントはあるのですが、昔のフィーリングですぐ対戦できるというのがうれしい部分でした。これらの調整は、旧作の『KOF』シリーズで遊んでいた人たちにおすすめしやすいポイントですね。

ーーいろいろなプレイヤーから話を聞くと、みんなオロチチームに深い思い入れを持っている印象でした。オロチチームの魅力はどういったところにあるんでしょうか?

BON キャラの設定と、当時遊んでいた光景が強く印象に残っているのがポイントだと思います。

 オロチチームは、『KOF ’97』で初登場し、ニューフェイスチームというチーム名での参戦でした。当時はゲームセンターがすごく盛り上がっていて、稼動初日には行列ができていたのをいまでも覚えています。そこに、オロチチームそれぞれのポスターが貼られていて、その見た目やゲーム内での動きに大きな衝撃を受けましたね。

 しかも、CPU戦を進めていくと彼らが中ボスとして出てくるんですけど、いわゆる“裏”仕様で登場するんですよ。“裏”のオロチチームは当時の主人公チームである日本チーム(草薙京、二階堂紅丸、大門五郎)と似たような超必殺技をそれぞれが持っていて、クリスであれば“暗黒大蛇薙”が使えます。こういった新規参入ながらストーリーへの深い関りを持っていたり、特徴的な技を持っていたことが、当時子どもだった僕たちにとって魅力的に映ったんだと思います。

ーーたしかに、当時はゲームセンターが隆盛で、『KOF』は新しく作品が出るごとに大きな盛り上がりを見せていましたよね。その一方で新キャラのドロレスの感触はいかがでしたか?

BON イスラをプレイしたときにも感じたんですけど、ドロレスも使いやすさと個性的な部分がバランスよく散りばめられている、使っていて楽しいキャラだと感じました。見た目やモーションもカッコいいので、初心者や新規の方にもおすすめできる魅力的なキャラだと思います。

 『KOF XV』をプレイして感じるのは、“SNKさんの本気度の高さ”ですね。今回のようなオープンβテストで遊べる機会をいただけるのもそうですが、発売前にメーカーさんの強いやる気や意志がこれだけ感じられるというのは、僕たちユーザーにとってうれしいことであると同時に、高い期待感が持てます。僕自身ひとりのプレイヤーとして製品版がとてもワクワクしますし、同じような思いを持つ新規や旧作からの復帰プレイヤーといっしょに遊べる機会がとても楽しみです。

 発売まではまだしばらくありますが、これから出てくる情報もしっかりチェックして、いろいろと想像を膨らませていきたいです。











優勝BONさん-min-min


優勝したBONさん



著者: ” — www.famitsu.com