「コットン リブート!」レビュー –

0
177

 「コットン リブート!」は2月25日発売の横スクロールシューティング。発売は三月うさぎの森のゲーム販売部門「BEEP(ビープ)」、開発についてはロケットエンジンが担当。1991年に稼働開始したアーケードタイトル「コットン」のアレンジ新作バージョンとなる。

 「コットン」は横スクロールのシューティングゲーム。当時は戦闘機が宇宙を飛ぶというゲームが多かったジャンルに、魔法使いの女の子が主人公で、かわいらしく楽しいカットシーンが挿入されるなど筆者の興味を大きく惹いた。アストロシティのレビューでも書いたが、筆者にとってコットンは特別な思い入れのあるタイトルだ。

 そしてさらに「コットン リブート!」は東京ゲームショウ2019の取材で知り、衝撃を受けた。取材で触れた開発中の「コットン リブート!」は、ビジュアルが大幅に進化し、ステージ内の作りが変化するなど、新たな要素が見えつつも、本来のオリジナルコットンらしさも残る、正に「リブート」と言える内容となっていた。これがどのような形で世に出る事になるのか。その後は、開発状況などをチェックし、発売を楽しみにしていたのである。

 あれから1年半、ついに満を持して「コットン リブート!」が発売する。そこで今回は発売前にガッツリプレイする事ができたので、その内容についてご紹介していきたい。

【新しいコットン誕生!】

「コットン リブート!」は文字通り、「コットン」をリブートした新しいけど懐かしいタイトルだ

タイムアタックやオンラインのスコラランキングなども用意されている

システムなども刷新した「アレンジモード」と、オリジナルのシステムで新ステージが楽しめる「X68000モード」の2モードを用意する

オリジナルをベースにした「X68000モード」とド派手になった「アレンジモード」を用意

 オリジナルの「コットン」は1991年に稼働を開始した横スクロールシューティング。開発はサクセスで、アーケード版(AC版)の登場以降は様々な続編や移植作もリリースされている。AC版のコットンを手っ取り早くプレイしたい人は、前述の通り、2020年12月に発売したセガの「アストロシティミニ」でプレイできる。

 今回紹介する「コットン リブート!」は最初に登場したアーケード版コットンをブラッシュアップしたX68000版コットンをベースとし、ワイド画面に対応するなどシステム含めて新たに制作し直され、2021年らしいアレンジが施されたバージョンとなる。イラストやビジュアル面については当時のキャラクターデザイン担当の田村英樹氏が再び降臨。当時のイラストとはちょっとテイストが異なるが、田村氏の進化したビジュアルが楽しめる。

 全体的なストーリー展開や、ステージ構成についてはAC版と同じで全7ステージ。ゲームモードは「X68000モード」と「アレンジモード」の2種類を用意されている。「X68000モード」では当時のコットンのドット絵ビジュアルで全体が構成されているほか、魔法などのゲームシステムも当時のまま、AC版のコットンに比べステージ内の構成や敵キャラなどがアレンジされたモードだ。BGMやゲーム中の音声についても当時のAC版そのままのため、懐かしさと新しさの入り混じった不思議な感覚でゲームが楽しめる。

【2つのモードを搭載】

ドット絵のビジュアルで、アレンジされた新たなコットンが楽しめる「X68000モード」。音声や魔法などシステム面も当時のままのため、アーケード版の感覚で楽しめる

ステージ構成などはそのままに、ビジュアルをブラッシュアップし、とにかくド派手に爽快感を大幅に向上した「アレンジモード」が今回のメインとも言える

2分、または5分の時間内でのスコアを競う「タイムアタック」モードも用意される

 「アレンジモード」では、全てのビジュアルがアニメ調にブラッシュアップされ、新たな魔法の追加やショットの強化、スコア稼ぎの新システムなど、様々な改良が加えられ、完全に別物と言えるカジュアルなシューティングとなった。ビジュアルなどもかなりド派手にアレンジされており、よりプレイしやすいなシューティングに進化を遂げている。

 BGMについては、ステージ毎に異なるアレンジャーを起用した新たなアレンジバージョンが用意され、新作のような感覚で楽しめる。ゲーム中の音声についてもキャラクターたちの声が再集録されるだけでなく、ステージ開始時にコットンとシルクのちょっとした掛け合いが入るなど、かわいさも倍増だ。

 なお、ゲーム中のデモシーンではどちらのモードでも全て新キャストで割り当てられた声優さんによる音声が楽しめる作りになっている。

 オンラインのスコアランキング機能も備え、通常プレイ時のスコアランキングがオンラインで競えるほか、「タイムアタック」で高スコアを狙うといった遊び方もできる。なお、マニュアルも用意され、テキストだけでなく、コットンとシルクの音声による掛け合いでアレンジモードのゲームシステムが理解できるようになっている。ゲーム開始前に見ておきたい。



著者: " -- game.watch.impress.co.jp "