12.5 C
Tokyo
日曜日, 11月 29, 2020

シリーズ初の音ゲー『キングダム ハーツ メロディ オブ メモリー』に注目!スクウェア・エニックスのTGS生配信が9月24日~27日に実施

東京ゲームショウ2020 オンラインに『キングダム ハーツ メロディ オブ メモリー』や『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』など、スクウェア・エニックス作品の出展が決まった。スクウェア・エニックスのTGS2020特設サイトにて、出展タイトルの一覧が公開されている。

出展されることがわかっている主なタイトルは以下の通り。

  • 『キングダム ハーツ メロディ オブ メモリー』
  • 『電車でGO!! はしろう山手線』
  • 『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』
  • 『Sa・Ga COLLECTION』
  • 『OUTRIDERS』
  • 『バランワンダーワールド』
  • 『BABYLONʼS FALL』
  • 『NieR Re[in]carnation』
  • 『NieR Replicant ver.1.22474487139…』
  • 『ドラゴンクエスト ダイの大冒険 クロスブレイド』
  • 『ドラゴンクエスト ダイの大冒険 -魂の絆-』
  • 『Marvel’s Avengers』

注目は2020年11月11日に発売が決定した『キングダム ハーツ メロディ オブ メモリー』。9月25日20:15配信予定の番組では、制作秘話などを交えつつ、開発陣自らが本作の魅力を紹介する。ピアノの生演奏も予告されており、ここでしか聴けないものになりそうだ。

『キングダム ハーツ メロディ オブ メモリー』は「キングダム ハーツ」シリーズの楽曲140曲以上を収録したリズムアクションゲーム。流れる楽曲のリズムに乗り、攻撃やアビリティを駆使してステージを進んでいく。ステージをクリアすれば、過去作のシリーズのストーリームービーを視聴可能。さらに本作独自のストーリーも語られる。シリーズを追いかけてきた人にとっては気になる作品と言えるだろう。

また、内容は不明ながらも『BABYLONʼS FALL』も出展されるようだ。『BABYLONʼS FALL』はスクウェア・エニックスとプラチナゲームズが共同で開発する作品。ダークファンタジーの世界が舞台となるアクションゲームであること以外は、ほとんどすべて謎に包まれている。当初は2020年夏に公開予定だった情報が、いよいよ明らかになるのかもしれない。『BABYLONʼS FALL』の最近の動きとしては、情報公開が遅れていることと開発が続いていることがアナウンスされていた。

さらに、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』や『Sa・Ga COLLECTION』など発売が近づいてきた注目作品が多数紹介される予定。発売はまだ先になりそうだが、PS5/PC向けの次世代タイトル『PROJECT ATHIA』についても何らかの情報を期待したいところだ。

スクウェア・エニックスの配信スケジュールは特設サイトを参照してほしい。9月24日から27日の4日間にわたって、各日の長時間の配信を予定している。記事執筆時点(9月11日 18:00)では、「9月27日16:00~」の配信枠の情報が未定になっている。配信までに何か新作タイトルの発表があるのかもしれない。

また、普段は会場でしか買えないグッズが、今年はオンラインストアで買えるようだ。スクウェア・エニックス ミュージックのe-STOREにて、サイン入りCDなどの販売がアナウンスされている。抽選販売となり事前の申し込みが必要となるため、気になる場合は確認しておこう。また、5000円以上の購入でエコバッグなどがもらえるキャンペーンも実施される予定。

なお、スクウェア・エニックスのTGS2020特設サイトの「物販情報」はまだ公開されていない。そのため販売されるグッズが追加される可能性がある。

スクウェア・エニックスの東京ゲームショウ2020 オンラインの特設サイトはこちら。東京ゲームショウ2020 オンラインは2020年9月23日から5日間の日程で行われる。



著者: ” — jp.ign.com

Related Articles