「リネージュ2M」新サーバー「パプリオン」に新領地「オーレン」が登場!新たな地域を目指すキャラクター育成 –

0
2
「リネージュ2M」新サーバー「パプリオン」に新領地「オーレン」が登場!新たな地域を目指すキャラクター育成 - GAME Watch

 NCSOFTがサービス中のAndroid/iOS/PC(NCSOFTの独自クロスプラットフォーム「パープル(PURPLE)」を経由)用次世代オープンワールドRPG「リネージュ2M」。PC用MMORPG「リネージュ2」の正統後継作品としてモバイル向けにリメイクされ、3Dグラフィックス技術によりシームレスなオープンワールドが実現された作品だ。また多様性と自由度を兼ね備えた成長を楽しむことができるゲームデザインで、1万人以上が集まる超大規模バトルを体験できる作品である。

 そんな「リネージュ2M」では2022年12月14日に新サーバー「パプリオン」がオープンしたことは既にお伝えしたとおりだ。育成されたキャラクターもおらず、人間関係も、ゲームの進行度も含めてすべて全員が同じスタートラインからのスタートだった。そろそろ1ヶ月と少しが経過し、血盟などの人間関係もできてきたし、キャラクターもある程度育ってきた頃だと思う。

 ゲーム的にも新しい要素が徐々に解放されてきて、コンテンツ的にも深みが増してきた印象だ。特に新領地「オーレン」の解放はプレーヤーにとっての大きな目標になるだろう。というのもオーレンは「パプリオン」サーバーでは現時点でトップクラスに難易度が高いエリアだからだ。ここで安定して狩りをすることができれば、「パプリオン」では上級者と言えるのではないだろうか

 そこで今回は「オーレン」を目指すために改めて覚えておきたい「パーティ ダンジョン」というコンテンツ、「魂吸収」、「精霊刻印」というキャラクター強化要素について紹介したい。

毎日攻略できれば美味しい!「パーティ ダンジョン」に挑戦しよう

 「パーティ ダンジョン」はその名の通り最大4人のパーティで挑戦するダンジョンだ。日替わりでダンジョンが変わり、1日1回しかチャレンジできない。難易度はかなり高めだ。まだ登場していないが、難易度は3段階があり、パプリオンサーバーは現在「簡単」のみ挑戦することができる。だが、「簡単」という最も簡単な難易度でも攻略にはかなりの練度が必要になる。

 報酬はその難易度に見合うだけの豪華なアイテムになっており、目玉のアイテムはアガシオンの製作に利用できる「ドラゴンの鍵の欠片(刻印)」というアイテムだ。入手手段が非常に限られているため、パーティ ダンジョンで安定して入手できるとかなり美味しい。

 またボスから入手できるアイテムも「ピュアエリクサー(刻印)」や「ダンジョン時間補充石選択箱(刻印)」といった貴重なアイテムがあるため、安定してクリアできるとキャラクター強化が捗る。そういった理由から、パーティ ダンジョンは攻略が可能なら毎日必ずクリアしたいコンテンツなのだ。入場条件はキャラクターレベルを50以上にすることのみである。

 入場はメニューから「パーティ ダンジョン」を選択すれば良い。特定のメンバーとパーティを組んで参加することもできるし、自動マッチング機能を利用することも可能だ。血盟員やフレンドと協力して挑むのが良いだろう。

パーティ ダンジョンは日替わりでダンジョンが変わる

チャレンジできるのは毎日1回だけなので注意して欲しい

 今回は検証のためにソロでダンジョンに入ってみた。挑戦したのは火曜日のダンジョン「最後の庭園」だ。このダンジョンは入場すると多数のモンスターが出現する。そこに同時に出現する「パン ソリス」というNPCを守り切るというのが目的だ。

 当然だがレベル50以上のプレーヤー4人を想定しているので、出現するモンスターの数がかなり多い。1、2体ずつなら十分処理できるのだが、複数体のモンスターが絡んでくるとなかなか被ダメージも大きい。モンスターを引っ張りながら処理していたのだが、そうするとパン ソリスのHPがドンドン削られてしまうといった具合だ。

 結果的に少し無理をしてモンスターの処理に挑もうとしたところ、逆にボコボコにされてしまいあえなくダウン、ダンジョンクリアは失敗になってしまった。ソロでクリアするのはかなりのキャラスペックが必要になることが改めてわかった。

 逆にパーティで挑めばレベル50になりたてのキャラクターたちでも攻略の可能性は十分に感じられる難易度だった。例えば回復役のオーブを使うキャラクターが1人いるだけでグッと安定すると思う。ぜひ安定してクリアできる構成を見つけてチャレンジしてみて欲しいと思う。

「最後の庭園」はパン ソリスというNPCを守り切ってボス モンスターを討伐するのが目的のダンジョンだ

とにかくモンスターの数が多い。火力が高めのキャラクターと協力して挑みたい。回復役のオーブが1人居るとグッと安定するだろう

「魂吸収」と「精霊刻印」でキャラクターを強化!

 弊誌でも何度か紹介してきたが「リネージュ2M」でキャラクターを強化するには複数の方法がある。レベルを上げるのはもちろんだし、装備の強化やコレクションを完成させていくことも含まれる。

 今回はそんな強化方法の中から「魂吸収」と「精霊刻印」について紹介したい。

 魂吸収は敵モンスターを倒したり、ショップなどで購入して入手できる「集魂石」からモンスターの魂を集め、ポイントを獲得し、キャラクターのステータスをアップさせるというシステムだ。

 具体的にはフィールドで狩りをしたり、ボスを倒したりするとそのエリアやモンスターに応じた「集魂石」が入手できる。ほかにもイベントの報酬やショップでも入手できる。このアイテムを使うとモンスターの魂が獲得できる。

 モンスターの魂はかなり種類があり、モンスターごとに魂を“注入”することができる。別のモンスターの魂を注入することもできるし、同名のモンスターの魂を注入することもできる。魂を注入するとゲージが貯まっていき、1つのモンスターの魂のゲージが満タンになるとポイントを獲得できる。基本的に同名のモンスターの魂を注入すると多くのゲージを獲得できるので、基本はその手段が良い。

 そして獲得したポイントを割り振ることでキャラクターを強化できるのだ。どの項目を強化するかはプレイスタイルによるだろう。火力を上げるか、耐久力を上げるか、様々な能力値を増幅させることもできる。ここは一概に「このパラメーターがオススメ」とは言いにくいのだが、筆者はまず火力を上げてみようと考えている。

 なお、ここで振り分けたポイントはダイヤで購入できる回魂のスクロールを使うとリセットもできるので、悩んだらある程度は直感で決めてみても良いかもしれない。

集魂石を使うとモンスターの魂が獲得できる

集めた魂を注入することでポイントを獲得でき、それを割り振ることでキャラクターの強化ができるのだ

 そしてもう一つが「精霊刻印」だ。精霊刻印は「ソウルショット」や「闘志」などいくつかの種類があり、それぞれを強化することでキャラクターにバフがかかるというシステムだ。

 精霊刻印の強化方法は簡単で、強化したい精霊刻印を選んで強化していけば良い。強化には「クリスタル」というアイテムを使用する。このアイテムは装備品を分解したときや、装備の強化時オーバーエンチャントに失敗すると獲得できる。クリスタルは他にもアイテムの製作などにも使用するので、多く集めることに越したことはない。ゲーム序盤から入手した不要な装備品はまめに分解してクリスタルにしておくことをオススメする。

 「パプリオン」サーバーでは現時点で「ソウルショット」と「闘志」という精霊刻印が解放されている。どちらもキャラクターの火力を上げられる。どちらを優先すると良いかというと非常に悩ましいのだが、個人的には両方を平均的に上げている。

 というのも、精霊刻印が進むと必要なクリスタル量が跳ね上がっていくのと、さらに最初は100%の確率で成功する精霊刻印の強化成功確率が50%などになっていき、結果的にかなりのクリスタルが必要になるからだ。

 また、今後ほかの精霊刻印が解放されるであろうということも推測すると、クリスタルをある程度温存しておきたいという考えもある。長いスパンでキャラクター育成を考えるのも「リネージュ2M」の戦略なのだ。

精霊刻印をすることでキャラクターに永続的にバフがかかる。クリスタルというアイテムを使うので、毎日集めつつ生来のことを見据えて温存していきたい

目指すは「オーレン」。現時点の最上級エリアだ!

 これらの要素でキャラクターを強化して、目指していきたいのは先日解放された領地「オーレン」だ。

 「パプリオン」サーバーオープン時点では「グルーディオ」、「ディオン」、「ギラン」という3つの領地が実装されていたが、そこに4つめの領地として1月11日に追加されたのが「オーレン」だ。

 現在のオーレンの位置づけは上級者向けのエリアである。具体的にいうと「ドラゴン バレーのダンジョン」で安定して狩りができる程度のキャラクタースペックが目安だ。

 「リザード プレイン」、「レット リザードマンの集落」、「ティマック オーク警戒地」、「パアグリオの祭壇」、「ティマック オーク アウトポスト」、「猟師の渓谷」、「山賊の巣窟」、「黒い森」という8つの狩場と、2つの拠点が追加されている。

 解放された狩場には当然新しいボス モンスターも出現する。英雄級の装備やスキルブックも入手できるので、さらにボス モンスター狩りが熾烈になることだろう。

 ボス狩りに参加しないプレーヤーにとってもメインクエストの先が解放されるのでストーリーが楽しめるというのもあるし、既存の上位狩場が混雑してきたときも別の狩場の選択肢が増えるので、安定して狩りができるようになるとさらにゲームを楽しめる。

「オーレン」はマップでいうと右上に追加された新領地だ

狩場の難易度は現時点の「パプリオン」サーバーではトップクラスである。ここで安定して狩りをできれば上位プレーヤーの仲間入りと言えるだろう

 そう、現時点で「パプリオン」サーバーのエンドコンテンツ的な存在が「オーレン」なのだ。今後も続々と新たな領地や要素は解放されていくと思うが、まずは「オーレン」で安定して狩りができることを目標に、今回紹介した「パーティ ダンジョン」や「魂吸収」、「精霊刻印」なども駆使してキャラクタースペックの向上に勤しんで欲しいと思う。

 本当に繰り返しになるが「リネージュ2M」のゲームプレイのスパンは長い。日々の積み重ねがキャラクターの強さに繋がっていく。一足飛びのキャラクター強化方法は存在しないと言っても良く、コツコツとプレイするのがキャラクター強化への近道なのだ。そのために自動狩り機能や、ログアウトプレイ機能などを活用して欲しい。

 こうしたコツコツとした積み重ねで感じるキャラクターが強くなった実感と、血盟に所属するほかのプレーヤーとの協力、そして攻城戦などを含めたほかのプレーヤーとの対戦。これらがすべて楽しめるのが「リネージュ2M」という作品なのだ。