23.6 C
Tokyo
木曜日, 6月 24, 2021

『ポケモン GO』と連携を開始した注目のサービス『ポケモン HOME』 人気漫画家2名の熱い“交換”が話題に! – ライブドアニュース

子供から大人までファンが多い『ポケットモンスター』シリーズと連携するサービス『Pokémon HOME(ポケモン HOME)』、皆さんはご存じでしょうか。

Nintendo Switch版の『ポケットモンスター ソード・シールド』や『Pokémon GO(ポケモン GO)』を楽しんでいる方でも、『ポケモン HOME』はまだ使ったことがないという方もいるかもしれません。

そんな皆さんと同じく、『ポケモン HOME』をまだ使ったことない漫画家の「夏ノ瀬いの」さんと「も〜」さんが、『ポケモン HOME』を使用し、その体験を描いた漫画が投稿され、「久しぶりにポケモンをやりたい!」や「始めてみたくなった」などのコメントが寄せられています!

夏ノ瀬いのさん




も〜さん




『ポケモン GO』はリリース初期に遊んだことがあるがそれっきりになっていた自称「ミーハー」の夏ノ瀬さん。『ポケモン GO』の存在は知っているけどほとんど遊んだことない、Nintendo Switchも持っていないという超初心者のも〜さん。

漫画では、そんなお2人が実際にゲームを体験し、『ポケモン HOME』を通じてポケモンの交換を楽しむ様子が描かれています。『ポケモン GO』や『ポケットモンスター ソード・シールド』をそれほどプレイしていなかったお2人も、簡単に『ポケモン HOME』での交換を楽しめたようです。

ちなみに、今回ポケモンにハマってゲームソフトまで購入したも〜さんは、夏ノ瀬さんが『ポケモン GO』で捕まえたフシギダネを『ポケットモンスター ソード・シールド』に連れていき一緒に冒険しているとか。

今回『ポケモン GO』をプレイした夏ノ瀬さんも、これをきっかけに『ポケットモンスター ソード』をはじめたようで、これから『ポケモン HOME』をたくさん活用すると意気込んでいるようです。

『ポケモン HOME』詳細はこちら

『ポケモン HOME』は「すべてのポケモンが集まる」クラウドサービス


今回、夏ノ瀬さんとも〜さんが体験し、お互いのポケモンを交換した『ポケモン HOME』とは、いったいどんなサービスなのでしょうか?

『ポケモン HOME』は「すべてのポケモンが集まる場所」をコンセプトとしたクラウドサービス。連携するソフトやサービスを通じて『ポケットモンスター』シリーズや『ポケモン GO』で仲間にしたポケモンたちを預けたり、『ポケモン HOME』上で世界中の人と交換したりすることができるのです。

また、Nintendo Switchとスマートフォンを使い分けることで、これまで以上に『ポケモン』のゲームとアプリを楽しむことができます。『ポケモン HOME』を駆使することで、No.001の「フシギダネ」からNo.898の「バドレックス」(※)まで、すべてのポケモンを図鑑に集める楽しさがあるとか。

※2020年12月25日現在

これまで『ポケットモンスター ソード・シールド』、『ポケットモンスター Let’s GO! ピカチュウ・Let’s GO! イーブイ』、『ポケモンバンク』と連携していましたが、11月には『ポケモン GO』との連携もスタートしました。


Nintendo Switch版の『ポケットモンスター』シリーズに加えて、『ポケモン GO』との連携も開始した

『ポケモン GO』で捕まえたポケモンとNintendo Switch版ソフトで冒険!


『ポケモン HOME』にはNintendo Switch版とスマートフォン版があり、双方を同一のニンテンドーアカウントと連携させることで、同じポケモンボックスを共有することができます。

『ポケットモンスター ソード・シールド』と『ポケモン HOME』の間、そして『ポケットモンスター Let’s GO! ピカチュウ・Let’s GO! イーブイ』と『ポケモン HOME』の間で、それぞれのポケモンボックスにポケモンを預けたり、引き出したりすることができます。

※『ポケモン ソード・シールド』など、他のソフトに預けたことがあるポケモンは、『ポケモン ピカ・ブイ』へ戻すことはできません。

さらに、 『ポケモン GO』からは、「転送装置」と呼ばれる機能を使用して『ポケモン HOME』にポケモンを送り出すことができます。転送されたポケモンは、『ポケモン HOME』のNintendo Switch版、スマートフォン版のいずれからでも引き取ることができるのです。

こうした連携をさせることによって、例えば『ポケモン GO』で捕まえたポケモンを『ポケモン HOME』に転送し、そこから『ポケットモンスター ソード・シールド』に連れて行って一緒に冒険をするということも実現できるようになりました!


『ポケモン GO』から転送を選択して簡単に『ポケモン HOME』で引き取ることができる

今回、夏ノ瀬さんとも〜さんが体験した「フレンド交換」も特徴的な機能の一つです。スマートフォン版の『ポケモン HOME』では、インターネット通信を使い、フレンドになっているユーザー同士で、離れた場所にいてもポケモンを交換することができます。夏ノ瀬さんが『ポケモン GO』で捕まえたフシギダネ、も〜さんが『ポケットモンスター ソード』で捕まえた「ワンパチ」を『ポケモン HOME』上で交換ができてしまうのです。


『ポケモン HOME』を使えば、さまざまなソフトで捕まえたポケモンでも交換が可能に!

方法は全4種類!


今回お2人が体験した「フレンド交換」以外にも、『ポケモン HOME』を使えば様々な形でポケモンの交換を行うことができます!

ミラクルボックス
「ミラクルボックス」は、世界中の人とランダムにポケモンの交換を楽しむことができる機能です。複数のポケモンを同時に預けることができ、『ポケモン HOME』を利用していない間でも、自動で交換されていきます。


誰と何を交換するのかはお楽しみ

GTS
交換に出すポケモンと欲しいポケモンを設定し、条件に合う相手とマッチングさせてポケモンを交換できるのが「GTS」です。『ポケモン HOME』の「全国図鑑」に登録されていないポケモンでも、欲しいポケモンに設定できるのが特徴です。


欲しいポケモンがいるならGTSを活用しよう

グループ交換
最大20人のグループを作り、集まった人たちの間でポケモンを交換できる機能が「グループ交換」です。グループ内で誰からどのポケモンをもらえるかは実際に交換するまでわからないため、ランダムな交換を楽しむことができます。

※グループの作成は、プレミアムプラン(有料)限定の機能となります。


友達や家族だけでなく、色々なグループで交換を楽しめる「グループ交換」

交換以外にも楽しみ方がいっぱい!


これまで紹介した交換以外にも、『ポケモン HOME』にはさまざまな楽しみ方が!

『ポケモン HOME』のポケモンボックスにポケモンを預けると「全国図鑑」に登録されます。「フシギバナ」や「リザードン」のように「メガシンカ」や「キョダイマックス」ができるポケモンを預けると、それぞれの姿も「全国図鑑」に登録することも可能に。


メガシンカ、キョダイマックスができるポケモンも記録できる

登録されたポケモンの情報はNintendo Switch版、スマートフォン版の両方で確認することができますし、スマートフォン版ではこれまでの『ポケットモンスター』シリーズの図鑑説明文に加え、ポケモンの「わざ」や「とくせい」も確認することができます。

また、スマートフォン版の『Pokémon HOME』の「ふしぎなおくりもの」機能を使うことで、様々な方法でポケモンやどうぐを受け取ることができます。

なお、『ポケモン GO』から『ポケモン HOME』に初めてポケモンを転送した時には、キョダイマックスすることができる幻のポケモン「メルメタル」が「ふしぎなおくりもの」として『ポケモン HOME』にプレゼントされます。

そして、『ポケモン GO』ではマップ上に幻のポケモン「メルタン」が一定時間、現れるようになる道具「ふしぎなはこ」を開けられるようになります。

※「ふしぎなはこ」は、使用後一定期間が経過してからポケモンを転送すれば、再び開けることができます。


『ポケモン GO』で「ふしぎなはこ」を開けて、メルタンを捕まえよう

プレミアムプラン加入でさらに快適に


『ポケモン HOME』はフリープランであれば無料で利用が可能ですが、プレミアムプラン(有料)に加入することによって、一部の機能を追加・拡張して利用することができます。

例えば、預けられるポケモンはフリープランでは30匹ですが、プレミアムプランでは6000匹まで預けることができたり、「ミラクルボックス」と「GTS」では、一度に交換に出せるポケモンの数を増やしたり…。1か月360(税込み)から利用できるので、より快適に楽しみたい方にはプレミアムプラン加入をおすすめします!


フリープラン/プレミアムプランの各機能

さまざまな場所で捕まえたポケモンたちをすべて集められる場所、それが『ポケモン HOME』です。

「以前は『ポケモン GO』をやっていたけど、最近はやっていない」
「Nintendo Switch版の『ポケットモンスター ソード・シールド』をやろうか迷っている」
「『ポケットモンスター ソード・シールド』はやっているけど『ポケモン GO』はやっていない」
「子どもがポケモン好きだから、一緒に楽しみたい」

という方は、この機会にぜひ『ポケモン HOME』と一緒にプレイしてみてはいかがでしょうか。きっと『ポケットモンスター』シリーズの楽しみ方が広がるはずです!

『ポケモン HOME』詳細はこちら

[PR企画: ポケモン × ライブドアニュース]

『Pokémon HOME』
©2020 Pokémon. ©1995-2020 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
『Pokémon GO』
©2020 Niantic, Inc. ©2020 Pokémon. ©1995-2020 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。 ニンテンドー3DSのロゴ・ニンテンドー3DSは任天堂の商標です。Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。

Related Articles

『Baba Is You』ゲームのルール文を書き換...

 フィンランドのHempuliによるパズルゲ...

「ファーミングシミュレーター 22」の発売日が決定...

 バンダイナムコエンターテインメントは、シミュレー...