15.5 C
Tokyo
金曜日, 10月 30, 2020

家から出なくても遊べる「ポケモンGO」は、在宅生活にも“運動”をもたらそうとしている | WIRED.jp

新型コロナウイルス対策として社会距離戦略(ソーシャル・ディスタンシング)が求められるなか、多くのゲームメーカーは利用者の急増によって業績を伸ばしている。こうしたなか、ナイアンティックはまったく逆の立場に置かれている。「Pokémon GO(ポケモンGO)」「ハリー・ポッター:魔法同盟」「Ingress(イングレス)」といった同社のゲームすべてが、家の外に出て現実世界のさまざまな場所で人々と交流することを前提につくられているからだ。

ところが、いまや屋外に出かけて交流するようなことはできなくなってしまった。あるいは多くの人が、そうした行動を自粛せざるを得なくなっている。そこでナイアンティックは、「自宅からもリアルワールドを楽しめる環境を整える」方向へと、ゲームの設計方針を転換することにした。ナイアンティックが3月30日に投稿したブログには、次のように書かれている。

「Nianticは、常に我々が創造するプロダクトの『野外で楽しむ』『探索する』そして『運動をする』というDNAを、屋内でのプレイにも導入することができると考えてきました。我々は、今こそが、まさにその思いを具現化する時なのだと考えています。外出してプレイしたときに感じたワクワク感を、屋内でのプレイにも取り入れていく、そんな革新的なゲーム体験を創造して行きたいと考えています」

家の中での動きもゲームに反映

こうした動きに関連してナイアンティックは、「ポケモンGO」の既存機能である「いつでも冒険モード」を改良した。プレイ中でなくてもモバイル端末に移動歩数を記録させ、リワードを獲得できる機能だ。同社によると、「屋内での移動やアクティヴィティとの連動性をさらに高める」ことによって、「家の中を掃除したり、トレッドミルでランニングしたりといった活動の記録を、ゲームの成績に反映させている」という。

ほかのプレイヤーとチームを組んで敵と戦う「レイドバトル」にも、実際にどこかに集合しなくても参加できるようになる。過去に“悲惨”な結果に終わったこともある「Pokémon GO Fest」などのイヴェントもヴァーチャル開催される予定で、近日中に詳細が発表されるという。またナイアンティックは、実在するお気に入りの場所に再び自由に行けるようになるまで、ゲームのなかでヴァーチャルに訪ねる方法を「検討中」だという。

また、家から出ずに目的を果たせるよう変更できることが、ゲームならではの特性であるとアピールすることも忘れてはいない。「ポケモンGO」に関する変更には、「おこう」や「モンスターボール」といった課金アイテムの値下げなど、すでに実施されているものもあり、プレイヤーたちは自宅にいながらヴァーチャルな生き物たちの捕獲を楽しむことができている。

「自治体によって、ほかの方々との距離をおけば歩くことが許可されている地域では、注意しながら遊んでいただくことで、皆さんが身体的、精神的に健全でいられるために貢献できると考えています」と、ナイアンティックは説明している。「今回の変更は、このようなことができないときの代替として提供するものです」

皮肉な選択

人間の動きを模倣してゲームを攻略するボットとの戦いを続けているナイアンティックにしてみれば、こうした変更を余儀なくされていることは、いささか皮肉な状況ではある。非公式なボットによる自動化を利用して実際にプレイせずに手っ取り早くレヴェルアップしようとするプレイヤーは、これまでにも大勢いた。

また一部には、GPSの位置情報を偽装してキャラクターを見つけたり、実際に行けない場所にヴァーチャルで移動したりする人もいた。しかし、誰もが家に閉じこもっているいま、かつてなら「インチキ」とみなされたはずの行為を、ナイアンティックはかなり積極的に認め始めているのだ。

RELATED ARTICLES

「ハリー・ポッター:魔法同盟」は、単なる「ポケモンGO」の“続編”ではなかった:ゲームレヴュー

「ポケモンGO」は消えていない──いまも根強い人気で大きく稼ぐ、その秘密に迫る

エッフェル塔と『ポケモンGO』は世界を変えた──ナイアンティック川島優志にnoiz豊田啓介が聞く

Related Articles