日中韓対抗「ECEA2022 eFootball部門」日本のLeva選手が優勝!MVPも獲得 | esports PLUS

0
8
日中韓対抗「ECEA2022 eFootball部門」日本のLeva選手が優勝!MVPも獲得

2022年11月16日(水)~18日(金)に開催された「Esports Championships East Asia 2022(東アジアeスポーツチャンピオンシップ2022)」のeFootball部門にて、日本代表のLeva選手とkoko選手が優勝を成し遂げました。

今回の大会を通じてLeva選手は無敗での優勝を勝ち取っており、今回のMVPも獲得しています。

「ECEA2022 eFootball部門」日本のLeva選手が優勝

今月16日(水)~18日(金)にオンラインで開催された、「東アジアeスポーツチャンピオンシップ2022」のeFootball部門の結果が発表されています。

今回優勝を果たしたのは、DetonatioNが運営するプロeスポーツチーム「DetonatioN Gaming」eFootball部門所属のLeva選手で、同じく日本代表として派遣されたkoko選手と共に勝利を勝ち取っています。

さらに、同選手は大会を通じて無敗での優勝を決めており、今回のMVPも獲得しています。

日中韓代表がオンラインでバトル

今回行われた「東アジアeスポーツチャンピオンシップ」とは、China Culture and Entertainment Industry Association(CCEA)が主催する国際大会で、

・日本

・中国

・韓国

それぞれの代表選手が参加し、3か国の友好と東アジアにおけるeスポーツの価値向上を目指して企画されています。

今回は中国・上海を配信拠点としたオンラインでの開催になっているものの、日本と韓国の2か国のみ、韓国で開催されているゲーム産業の展示会「G-STAR 2022」に合わせて韓国に集結し、釜山のBRENA(Busan e-Sports Arena)にてオフライン開催しています。

Leva(レバ)選手プロフィール

イメージ

eスポーツチーム「DetonatioN Gaming」eFootball部門所属。

齢18歳にして、「第18回アジア競技大会 ジャカルタ・パレンバン ウイニングイレブン2018」に日本代表として出場し、金メダルを獲得した。

DetonatioN Gamingでプロゲーマーとして活動する傍ら、「KONAMIウイニングイレブン eスポーツアンバサダー」としても活動。

2019年の茨城国体と2022年の栃木国体で行われた「全国都道府県対抗eスポーツ選手権」で優勝した経験を持つ。

プレイヤー名の由来は、ポーランド出身のプロサッカー選手・レヴァンドフスキ選手から。その名に似合う活躍を目指し、今も高みに向かって進んでいる。

YouTube

Twitter

<大会成績>

・GEO CUP 3位

・第2回ももち浜eスポーツ選手権大会 優勝

・WESG JAPAN2019-2020 優勝

・PES LEAGUE2019 ASIA REGIONAL FINALS 出場

・全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2022 TOCHIGI 東京都代表

・全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 茨城第2代表 金メダル

・第18回ジャカルタ・パレンバン アジア競技大会 金メダル

まとめ

今月16日~18日に開催された「東アジアeスポーツチャンピオンシップ2022」のeFootball部門にて、日本代表のLeva選手とkoko選手が優勝を果たしています。

またLeva選手はMVPも獲得しており、その経歴に輝かしい功績を残しています。

これからの活躍にも、世界中から注目が集まりそうですね。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]