ゲーミングチェア“KARNOX LEGEND”が自宅作業&長時間ゲームにおすすめの快適さ – 電撃オンライン

0
62

 在宅ワークにおいて、PC以上に重要視したい“椅子(イス)”。とくに長時間作業やゲームプレイにおいて、PCのスペック以上にイスの座り心地や快適さは、軽視できない大きな要素です。なかでもゲーミングチェアの需要は高まっており、新製品やレビューを気にしている人も多いのでは?

 本記事ではKARNOXのゲーミングチェア“LEGEND”シリーズのレビュー記事を掲載! 座り心地やフィット感など、気になる使い勝手について紹介していきます。

ゲーミングチェア“KARNOX LEGEND”シリーズとは?

 2020年にリリースされたゲーミングチェア“KARNOX  LEGEND”シリーズ。人間工学を基づいて、全身の荷重を吸収し、身体的負担を軽減。長時間、快適にゲームやパソコン作業をするために、レーシングバケットシートから進化した“三次元立体成型フレーム”を採用し、プレイヤーをサポートします。

 最大155度のリクライニング機能のほか、シートをゆりかごのように揺らせるロッキング機能も! ひじ掛けは柔らかい触り心地の炭素繊維を使用しています。詳しい仕様はAmazonの製品ページをチェックしてみてください。

実際の座り心地をファーストインプレッション

 今回使用してみるのはファブリック生地のKARNOX LEGENDのダークグレー。KARNOXのゲーミングチェアは大きく2種類あり、シックなカラーバリエーションのKARNOX LEGENDと、ホワイトを基調としたKARNOX GENIEが用意されています。

 まずは組み立てから。かなり大きな梱包で届きますが、パーツ数自体は少なめで、男性1人でも1時間かからず。シートの固定に少々手間取ったものの、取説を見ながら問題なく組み立て完了! それなりに重量のあるパーツを持ち上げたり、はめ込んだりするので、女性の場合は2人いると安心して組み立てられるかと思います。

 座ってみてまず感じたのが、安定感が非常にあること。たわんだりきしんだりもなく、さすがゲーミングチェアといった印象です。座面は厚みがあまりないタイプ。左右が盛り上がっており、しっかりと座る位置を固定してくれます。

 背のシート部分は丸みがある形状で、もたれかかるとシートに入り込むような感じになり、ホールド感があります。座面と背部分のフィット感はかなり高く、長時間座っていられそう。腰、首元用にクッションも付属しているので、好みによって利用するとよさそうです。

 シートは寝られる位置まで倒すことができ、可動域は十分! 傾きを無段階調整できるので、自分の好みの位置に微調整できるのはうれしいところ。

 左右のひじ掛けは前後左右上下に位置を調整可能。プラスチックではなく、柔らかさのある炭素繊維を使っているので、ひじを長時間置いていても硬さや痛みを感じることがありません。大きさも十分あり“ひじ掛け”として役目をしっかりと果たしてくれます。

 肌触りのいいファブリック素材、見た目の高級感もあり、品質は非常に高い印象! ほかのゲーミングチェア同様それなりの価格がしますが、機能不足も感じず、満足のいく商品だと感じました。

約1週間使ってみての結果

 商品到着から約1週間毎日、ゲーミングチェア“KARNOX LEGEND”をデスクワークに使ってみました。とくに気に入ったのが安定感、シートの無段階調整、キャスターの静かさです。

 姿勢を変えたり、重量のかけかたが変わるなどしても、ブレや揺れをまったく感じません。この安定感は体重を完全に預ける商品において大切なポイント。これだけ存在感のあるゲーミングチェアなのだから、“信頼”して使っていきたいですよね。

 シートの角度を「ここかな?」「こっちかな?」と考える必要がなく、「ここだ!」という位置で固定できるのはストレスフルで助かります。

 ゲーミングチェアから立ち上がる時、また座るときなど、キャスターがキュルキュル鳴るということもなく非常に静か。フローリングで利用しましたが、床にダメージを与えている感じもなく、本製品の高級感を感じさせられたところです。

 ほかにも、ひじ掛けがかなりカスタマイズできるので、机との位置関係や自分の体調によって都度微調整できて助かっています。

 最初は座面が自分にはちょっと硬めかもと感じ、付属のクッションを利用していましたが、クッションがないほうが体にフィットして安定するなとわかり、1週間たった今は素の状態で使っています。体を固定してくれるフィット感は非常に満足度の高いところ。個人差もあって、ゲーミングチェアは人それぞれに合う合わないがあるかと思いますが、ぜひ購入の候補に入れてもらいたい、おすすめのゲーミングチェアだと思います。

著者: ” — dengekionline.com