ACCESS Europe、N-Dreamと協業、車内でのユニークなゲーミング体験を実現|ACCESSのプレスリリース

0
63

スイス・チューリッヒに本社を置くN-Dreamは、2015年の創業以来、190を超える国で900万人以上のプレイヤーを獲得し、シャオミ(Xiaomi)およびアタリ(Atari)との協業により、世界的な人気ブランドのゲームを自社クラウドプラットフォーム「AirConsole」を介して利用できるようにしてきました。現在、「AirConsole」と7,000以上の開発者から成るコミュニティは、レーシング系、ラン&ジャンプ系、ストラテジー系、FPS(First-person shooter:一人称視点シューティング)系、アドベンチャー系など多彩なテーマの優れたライブラリーを制作し、その数を拡大し続けています。同社は、この度のACCESSとの協業により、これらのライブラリーを全世界の自動車に提供していきます。

ACCESS Europe グローバル製品ディレクター Sven Eckoldtは、
「デジタルライフを車内へ持ち込み、あらゆるサービスをどこにいても利用するということが、従来にも増して求められています。現在、車は移動手段から移動時間を楽しむ空間へとシフトが起きており、自動車メーカー(OEM)のユーザーエクスペリエンスとして提供される、常時接続型のゲームをはじめとする新サービスは、こうしたシフトを実現する優れた方法となっています。N-Dreamという完璧なパートナーと出会い、車載およびリアシートエンターテインメント(RSE)向けに最適な、革新的なスマートコントローラーという同社コンセプトを活用し、エキサイティングで楽しいクラウドゲームを車内で提供できることを嬉しく思います」と述べています。


「Twine4Car」車載プラットフォームに統合された「AirConsole」は、車内のあらゆるスクリーンでゲームを楽しみ、スマートフォンをゲームコントローラーとして使用するためのエンターテインメントシステムを提供します。自動車メーカーはクラウドベースのソリューションを介して、後部座席の子どもから前の座席で電気自動車の充電を待つ大人まで、すべての同乗者に没入型の楽しいゲーミング体験を提供することができます。

N-Dream COO 兼 戦略的パートナーシップ開発担当 Anthony Cliquot氏は、

「2020年には世界で26億9,000万人がビデオゲームを楽しんでいました(https://financesonline.com/number-of-gamers-worldwide/)。2023年まで前年比5.6%で増加するものと予測されていますが、こうしたゲーム人気の高まりは、自動車が自宅の延長になっていることを意味します。ACCESSとN-Dreamは、車内でのライフスタイルの在り方を再定義し、自動車ユーザーに新しいゲーミング体験を提供することにより、こうした新たなライフスタイルへのシフトを主導します。当社独自のクラウドゲーミングソリューションを統合することで、ACCESSの『Twine4Car』プラットフォームにおいてヘッドユニットやRSEに新たな要素が加わりました」と述べています。 

「Twine4Car」は、自動車メーカーを対象に、自動車のヘッドユニットやRSEスクリーン向けの総合ホワイトレーベル型IVIエンターテインメントサービスを提供します。また、複数のコンテンツサービスプロバイダーとの協業により、映画、ニュース、テレビのライブ放送、スポーツ、子ども向けコンテンツ、このたび新たに加わったゲームなど、あらゆるエンターテインメントを車内で楽しめるようにします。ACCESSは、世界中のコンテンツを集約し、カスタマイズ可能な単一の技術プラットフォームを介してアプリやサービスを配信することにより、自動車メーカーにおける業務の煩雑さを軽減します。本IVIプラットフォームは、自動車メーカーが、全面的に自社ブランド化された、柔軟なHMIマルチスクリーンによるユーザーエクスペリエンスの提供を可能とすることで、ドライバーや同乗者のメディアサービスの利用を促進し、単一ソリューションで管理する新たなビジネスモデルの確立に貢献します。

ACCESS Europe 最高経営責任者(CEO) Dr. Neale Fosterは、

「コネクテッドカーにおけるコンテンツの重要性は高まっており、自動車メーカーは、将来的な自動車ブランド評価において、車内エンターテインメント体験が重要な役割を担うことを認識しています。ACCESS Europeは『Twine4Car』を通じて、自動車メーカーが自社ブランドや戦略に沿った、消費者に支持される、高度に差別化されたサービスの提供というビジョンを実現できるように支援していきます」と述べています。

■株式会社ACCESSについて

ACCESS(東証一部:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、自動車、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績15億台を超えるモバイルソフトウェアおよび350社以上の企業への採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力・ノウハウを活かし、現在、組み込みとクラウド技術を融合したIoTソリューションの開発・事業化に注力しています。アジア、米国、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。

https://www.access-company.com/

■N-Dream AGについて

N-Dream AGは、スイスのチューリッヒに本社を置き、急成長を遂げるスタートアップ企業です。数々の起業を手掛ける、元Google社員のAndrin von Rechenberg氏が設立しました。同社は、スマートフォンをコントローラーにすることで、ゲームをする際の遅延という問題を解消し、またたく間に知られるようになりました。「AirConsole」は、Webブラウザ、Android TV、Amazon Fire TV、多くの通信事業者のセットトップボックスを介して、どの家庭でも利用することが出来ます。世界中の7,000以上の開発者が、「AirConsole」上で公開された190本以上のゲームを共同制作しており、190を超える国で900万人以上のプレイヤーに利用されています。現在までに、「AirConsole」のチームは740万米ドルの資金を調達しています。

https://www.airconsole.com/

※ ACCESS、ACCESSロゴ、ACCESS Twine、ACCESS Twineロゴは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。

※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

著者: ” — prtimes.jp