22.3 C
Tokyo
火曜日, 5月 18, 2021

単3電池込みで重量わずか96g!軽量ワイヤレスゲーミングマウス「CORSAIR KATAR PRO Wireless」を試してみた –

CORSAIR「KATAR PRO Wireless」

 長時間のゲームプレイに合わせて軽量なゲーミングマウスの需要が高まりつつあり、有線接続モデルなどでは50g以下の超軽量なモデルなども出現。ワイヤレスゲーミングマウスもその例に漏れず軽量なモデルが増え、バッテリー内蔵モデルであれば100g未満の軽いマウスが続々登場している。

 昔と違いバッテリー内蔵モデルでも駆動時間は十分に長いのだが、バッテリー切れの際には充電ケーブル繋いで有線で使うか、充電を待つ必要がある。常にワイヤレスで使う場合は予備電池を用意することになると思うが、そうした運用を前提とした場合には利便性の面で乾電池対応モデルも視野に入るだろう。

 今回紹介するCORSAIR「KATAR PRO Wireless」は単3乾電池1本で駆動し、電池込みで重量わずか96gという軽さを実現したワイヤレスゲーミングマウス。充電待ちの時間を無くしたいユーザーに向けたモデルだ。

 秋葉原店頭での実売価格は税込6,710円。さっそく製品のスペックや使用感を確認してみよう。

ワイヤレスでも全く問題なくFPSゲームが楽しめる安定した無線接続「SLIPSTREAMテクノロジー」

ゲーム展開の速さが人気のバトルロイヤルFPS「Apex Legends」3人1組でチームを組み様々なキャラクターの固有スキルを駆使しチャンピオンを目指す。

 CORSAIR独自の接続方式「SLIPSTREAMテクノロジー」は付属の専用レシーバーを使用した2.4GHzワイヤレス接続で、高速なパケット伝送と動的に周波数切り替えを行うことで強力な信号耐性を備えている。これにより、ワイヤレスでも断線することなく動きの激しいゲームも問題なくプレイ可能とされている。

 KATAR PRO Wirelessが実際に断線することなく競技性のあるゲームで快適に使えるのか、また軽量のメリットが活きてくるのか、人気のバトルロイヤルFPS「Apex Legends(エーペックスレジェンズ)」をプレイし、使用感を試してみた。

本体重量96gの軽さも手伝い長時間の使用でも手への負担は少なく、程よいホールド感でしっかりマウスを保持できるため軽快だ。

遠方のターゲットでもしっかりと狙いを定めることができ、リコイル制御などの繊細な操作でも遅延は感じなかった。

 ワイヤレス接続の面としては、SLIPSTREAMテクノロジーで遅延などでのストレスもなく快適にプレイする事ができた。本体の軽さも相まって手への負担も少なくランクマッチを長時間回しても苦も無くゲームに集中することができる。

 重量バランスについては、乾電池が中央部分にあり、他の部分が軽い分、素早く振った際に重心に若干の癖を感じるかもしれないが、使っているうちに慣れる範囲といった印象だ。ワイヤレスマウスと有線マウスで重心の偏りなどは違いがあるので、初めてワイヤレスモデルを使う場合には気にしながら選んでもらいたい。

ユーティリティ「iCUE」でプロファイルやキー割り当ても設定可能

 本製品はCORSAIRの統合ユーティリティ「iCUE」に対応しており、他のCORSAIR製品と合わせて統合的に制御が可能だ。ゲームや使用用途に合わせてマウスの設定を変更したい場合はプロファイルなどを作って自分好みに調節しよう。

プロファイルをゲームなどプログラム毎につくり、起動時に自動で切り替わるようにする事もできる。

ファームウェアの更新やポーリングレート、スリープまでの残り時間などの設定が簡単にできる。

 マウス本体にメモリを搭載しており、好みに設定した状態で外に持ち出すこともできる。出先でプロファイル設定変更などを行いたい場合は接続したPCにも「iCUE」をインストールする必要があるので、持ち出す際は「iCUE」が外出先でもインストールできるよう準備しておくことをお勧めしたい。

「アクション」ではマクロやホットキーなどの設定が可能。タイミングなども細かく調整できる。

DPI設定画面。段階ごとのLEDへの色分けやスナイパーモードの設定も可能。

小型軽量でシンプルながら性能十分なワイヤレスゲーミングマウス

 小型軽量さに加えシンプルなデザインながらもゲーミングマウスとして十分な性能を持ち合わせたCORSAIR「KATAR PRO Wireless」。

 元々のバッテリー持ちの良さはもちろん、単三電池さえ手配できればバッテリー切れの心配をしなくても良いのはメリットだろう。外出時にマウスを充電しようとするとUSB給電する方法を何かしら用意しなくてはいけないが、入手性に優れる乾電池で動作する今回のモデルは、性能が高めの持ち運び用マウスとしても良い選択肢になるのではないだろうか。

[制作協力:CORSAIR]



著者: " -- akiba-pc.watch.impress.co.jp "

Related Articles

GMOメディア Research Memo(6):...

*15:56JST GMOメディア Researc...

MMORPG「V4」の事前登録受付が本日スタート。...

 ネクソンが今秋に配信予定のMMOR...

【マリオメーカー2】Q1.SEKIROクリアしたん...

イベント前景気づけマリオってなんやねんって 京...

【FF7リメイク】PS4 高評価RPG 約束された...

FF7リメイク 実況動画です。実質2週目をまっ...

GeForce RTX3060搭載ゲーミングPCも...

 パソコン工房・グッドウィルを運営するユニットコム...