22.3 C
Tokyo
火曜日, 5月 18, 2021

ASCII.jp:12万円台で性能考えるとコスパ高すぎ、GTX 1660 SUPER搭載で快適ゲームプレイ可能なパソコン工房30th記念ゲーミングPC

各種ゲームベンチマークをチェック

2020年11月06日 13時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

「LEVEL-M046-iX7-RJSX」

 ユニットコムは1990年に設立され、30周年を迎える。これを記念して、パソコン工房のウェブ通販サイトなどでは、30周年を記念したパソコンが販売中だ。

 ゲーミングパソコンブランド「LEVEL∞」の30周年記念モデルは、デスクトップパソコン「LEVEL-M046-iX7-RJSX」をラインアップ。Core i7-10700やGeForce GTX 1660 SUPERなどフルHDゲームプレイにおいてしっかりとした性能を持ちながら、12万3178円(送料込み)で購入できる超コスパの高いモデルなのが特徴だ。

 前回は、LEVEL-M046-iX7-RJSXの外観と基本性能を紹介した。今回は、気になるゲーミング性能をチェックしていこう。

価格を考えると十分すぎる性能

 LEVEL-M046-iX7-RJSXの主なスペックは、Core i7-10700、GeForce GTX 1660 SUPER、8GBメモリー、500GB SSD(M.2接続/NVMe対応)という構成だ。

 まずは、定番の「ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズ ベンチマーク」からチェック。最高品質、1920×1080ドット、フルスクリーンという設定で14858(非常に快適)という結果になった。FFXIVくらいの負荷のゲームであれば、設定を気にせず超快適にプレイ可能だ。

「ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズ ベンチマーク」の結果

 では、FFXIVより負荷が高い「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION BENCHMARK」はどうだろうか。1920×1080ドット、フルスクリーン、高品質という設定だと、5950(やや快適)となった。また、設定が標準品質だと8338(快適)、軽量品質だと10823(とても快適)になった。最新の比較的高負荷なタイトルでも、設定次第では問題なく快適にプレイできるだろう。

高品質での結果

標準品質での結果

軽量品質での結果

 実際のゲームのベンチマークもチェックしていこう。まずは、「レインボーシックス シージ」のゲーム内ベンチマークをチェックした。設定は、最高、超高、高の3種類で計測。結果は最高設定でも平均276fpsと、R6Sであれば240Hzのディスプレーでもバリバリプレイできそうだ。また、設定を高まで落とせば、最小で223fpsと240Hzに近いので、240Hz貼り付きに近いフレームレートで遊びたい場合は、設定を変更するといいかもしれない。

「レインボーシックス シージ」ゲーム内ベンチマークの結果

 続いて、「Apex Legends」もチェック。こちらも、最高、高、中に変更しつつ、射撃訓練場で同じ場所を走ったときのフレームレートを「Fraps」で計測している。結果は以下のとおりで、平均で144Hz以上とはいかなかったものの、リフレッシュレート144Hzのディスプレーを存分に活かしてプレイできるといえる。

「Apex Legends」のフレームレート計測結果

予算に余裕があれば16GBメモリーにしよう

ケース内部は余裕があるので、あとからでも強化しやすそうだが、面倒だと感じるのであればBTOカスタマイズで追加しておくと楽だ

 LEVEL-M046-iX7-RJSXは、フルHDであればゲームが快適に遊べる性能というのがわかったが、1つだけ気になるところを挙げるとすると、メモリーが8GBという点。ゲームをバリバリ遊ぶのであれば、16GBにしておきたいところ。

 LEVEL-M046-iX7-RJSXの場合は+3480円で16GB(8GB×2)にできる。お手頃な価格でより快適にできる。よほど予算がカツカツなばあいは8GBでも問題ないと思うが、できればBTOで16GBにしておくことを、個人的にはオススメしたい。そのほか、SSDも+6980円で1TBにできる。メモリーを16GB、ストレージを1TB SSDにしても、13万4684円(送料込み)と15万円以下で購入できるので、ストレージを強化するのもありだ。

 BTOカスタマイズで選択しておけば、あとで自分で付け替えたり足したりしなくてすむので楽だが、もちろん標準構成で購入しておいて、あとから強化することも可能だ。とはいえ、標準構成でもフルHDであれば存分にゲームを楽しめる性能は持っている。この性能で12万円台からとかなりお得なので、お手頃価格のゲーミングパソコンがほしいと考えている人は、ぜひ検討してみてほしい。
















機種名 LEVEL-M046-iX7-RJSX
CPU Core i7-10700
グラフィックス GeForce GTX 1660 SUPER(6GB GDDR6)
メモリー 8GB(4GB×2)
ストレージ 500GB SSD(M.2接続/NVMe対応)
チップセット インテル B460 Express
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)
ケース ミニタワー(microATX)
電源 500W ATX(80PLUS BRONZE認証)
サイズ およそ幅190×奥行410×高さ356mm
OS Windows 10 Home(64bit)



著者: ” — ascii.jp

Related Articles