FIFA 21 VS ウイニングイレブン2021、どっちを購入すべき?

0
1039
Fifa

サッカーファンにとって人気を集めている、FIFA 21とウイニングイレブン2021。

毎年どちらのゲームを購入するかは、サッカーファンにとって大きな悩みになっていることでしょう。

FIFA 21とウイニングイレブン2021はどちらもゲーム業界のベストセラーとなっており、これらの最新タイトルが発売されると、どちらを購入するべきかが注目されます。

そこでこの記事ではFIFA 21とウイニングイレブン2021を比較していきます。

価格

最初に注目したいのが価格です。

FIFA21については、PS4価格で3日前からの早期アクセスが可能なUltimate Editionが13,000円、Champions Editionが10,700円となります。販売日の10月9日から利用できるStandard Editionは8,700円(いずれもPlayStation Storeの価格)となっています。

一方で、ウイニングイレブン2021は、Standard Editionが3,980円、Club Editionが4,480円となっており、FIFA21よりもかなり価格が抑えられているのがわかります。また、ウイイレ2020ユーザーは上記の価格よりもさらに20%オフで購入することができるのです。

そのため、価格においてはウイニングイレブン2021が圧倒的に安いといえます。

ゲームモード

FIFA 21とウイニングイレブン2021では、それぞれでユニークなゲームモードを充実させています。

FIFA 21が人気の理由として挙げられる機能が、アルティメットチームやキャリアモード、ウイニングイレブン2021が人気の理由として挙げられる機能がマイクラブやマスターリーグとなります。これらの機能は呼び名が違うものの、機能自体の内容には大きな差はありません。

しかし、これらの機能に加えて、FIFAはFIFA 20から、ストリートやインドアフットボールを体験できるVoltaモードのようなゲームモードを備えています。一方で、ウイニングイレブンにはこのような機能は備えていません。

そして、このVoltaモードが一定のファンを獲得したといわれています。しかし、ウイニングイレブン2021では、新型コロナウイルスによる影響で、ウイニングイレブン 2020での配信延期がされていたEURO2020モードに代わる、EURO2021モードが追加されます。そのため、FIFA 21とウイニングイレブン2021のゲームモードにおいては、大きな差はないといえます。

ライセンス

ライセンスにおいては、フルライセンスを獲得しているチームが多いFIFAシリーズがこれまでウイニングイレブンシリーズよりも優れているといされていました。そして、この流れはFIFA 21とウイニングイレブン2021においても同じだとされています。

FIFA 20では、欧州5大リーグを含む37のリーグで、700を超えるチームがライセンス登録されていました。しかし、ウイニングイレブン2020では、フルライセンスを獲得したリーグがわずか19であり、プレミアリーグとラ・リーガでフルライセンスを獲得したチームはほとんどありませんでした。

このようにライセンスにおいては、FIFAシリーズのう方が圧倒的に有利だといえます。

グラフィック

グラフィックにおいては、FIFAとウイニングイレブンのどちらも同様の手法を採用しているため、特に大きな違いはありません。

どちらのゲームにおいても、スタジアムの細かな点まで作りこまれており、リアリティーのあるグラフィックを楽しむことができます。

FIFAとウイニングイレブンのどちらも2021版に関しては大きなアップデートはないとされています。

しかし、ウイニングイレブンに関しては、2022年版からUnreal Engineを使用する次世代機向けのコンテンツを採用することを発表しています。そのため、グラフィックにおける大きな変化が期待できるのは、2021年秋発売のウイニングイレブン2022からとなりそうです。

プレーの快適さ

プレーの快適さにおいては、ウイニングイレブンシリーズが高く評価されています。一方で、FIFAのゲームプレイはアーケード的だといわれることも多くありました。しかし、これが悪い評価というわけではなく、プレイヤーは満足していたとされています。

そのため、プレーの快適さにおいては、それぞれ特徴があり、どちらを選ぶかにおいては個人の好みによるところが大きいでしょう。

ただし、FIFA 21においてはアジャイルドリブル(高速ドリブル)システムという新しい機能が追加されています。これにより、スピーディーなフットワークにより、1対1の状況でコントロールとレスポンスが向上することになります。

ウイニングイレブン 2021においては、シーズンアップデートにとどまるため、プレーモードの快適さはウイニングイレブン2020と大きな差はないでしょう。

どちらを選ぶかはあなた次第

様々な面から2つのゲームを評価してきましたが、それぞれ一長一短であり、簡単にどちらがいいかは言えません。価格においては、ウイニングイレブン2021が圧倒的に安いといえますが、FIFA21においてはライセンスの数が多いなど、機能面で優れている箇所が多くあります。そのため、価格重視なのか、機能重視なのかなどによって、自分に合っているものを選ぶのがいいでしょう。