4.7 C
Tokyo
土曜日, 1月 23, 2021

ASCII.jp:AMD、レイトレーシング対応で省電力な「AMD Radeon RX 6000シリーズ」を発表

Radeon RX 6900 XT/Radeon RX 6800 XT/Radeon RX 6800をラインアップ

2020年10月29日 15時15分更新

文● ASCII

AMD Radeon RX 6900 XT

 AMDは10月29日(現地時間)、次世代PCゲーミング向けのビデオカード「AMD Radeon RX 6000シリーズ」を発表した。

 ラインアップは、フラッグシップの「AMD Radeon RX 6900 XT」をはじめ、「AMD Radeon RX 6800 XT」、「AMD Radeon RX 6800」の計3製品。AMD Radeon RX 6800/AMD Radeon RX 6800 XTは11月18日からグローバルで、AMD Radeon RX 6900 XTは12月8日に販売開始予定だ。

AMD Radeon RX 6800 XT

 また、AMD Radeon RX 6800/AMD Radeon RX 6800 XTは、ASRock、ASUS、GIGABYTE、MSI、PowerColor、SAPPHIRE、XFXなどのAIBパートナーからも2020年11月上旬に発売予定とのこと。

AMD Radeon RX 6800

 AMD Radeon RX 6000シリーズは「AMD RDNA 2」ゲーミング・アーキテクチャーを基に構築されており、「AMD RDNA」搭載の「AMD Radeon RX 5700 XT」と比較して、一部のゲームタイトルで最大2倍のパフォーマンスを発揮するという。また、AMD Radeon RX 6800 XTとAMD Radeon RX 5700 XTを比較すると、ワットあたり最大54%のパフォーマンス向上を達成した。メモリーは16GB(GDDR6)でPCIe 4.0テクノロジーもサポートするため、4Kワークロードにも対応するとしている。

 主な機能として、1ワットあたりの帯域幅を最大2.4倍に拡大する「AMD Infinity Cache」や、CPUの処理を高速化できる専用機能「AMD Smart Access Memory」を備える。そのほか、DirectX 12 UltimateやDirectX Raytracing(DXR)、可変レートシェーディング(VRS)へ対応するなど、ビジュアルの再現率も高めた。

 ゲーミング機能としては、高速なロード時間と高品質のテクスチャ-を実現するという「Microsoft DirectStorage」や、入力から表示までの応答時間を短縮する「Radeon Anti-Lag」に対応するほか、安定したオーバークロックを設定できる「Radeonソフトウェア」のパフォーマンス・チューニング・プリセットも備える。

 AMD Radeon RX 6000シリーズ製品の主なスペックは以下のとおり。








製品モデル Compute Unit GDDR6 ゲームクロック ブーストクロック メモリー・インタフェース Infinity Cache
AMD Radeon RX 6900 XT 80 16GB 2015 ~ 2250 256bit 128 MB
AMD Radeon RX 6800 XT 72 16GB 2015 ~ 2250 256bit 128 MB
AMD Radeon RX 6800 XT 60 16GB 1815 ~ 2250 256bit 128 MB



著者: ” — ascii.jp

Related Articles