17.4 C
Tokyo
月曜日, 3月 1, 2021

eスポーツ×ブロックチェーンによる新しいビジネスソリューション グローバルオープンリーグ(GOL)事業構想説明会及び特別座談会 イベント事後レポート|GLOBAL OPEN LEAGUE LIMITEDのプレスリリース

 Global Open League Limited (グローバルオープンリーグ 以下GOL、本社:香港)は、eスポーツトーナメントプラットホーム上の取引で使用可能なGOLトークン(以下GOLT)のトークンセールを5月(予定)より開始いたします。
 それを記念して、2018年3月22日(木)に、e-sports SQUARE AKIHABARAにて、多数のメディアや投資家の方々をお招きし、事業構想説明会及び特別座談会を実施いたしました。本レポートではそのイベントの様子をご報告いたします。

◆GOL事業構想説明

 

本イベントの冒頭では、GOL社CEO Patrick Tangより、今後のGOLの事業構想について説明がありました。
まず、伸びゆくeスポーツ市場と課題について言及。「eスポーツの顧客は2025年までに10億人を越える
予定で、全ゲーマーの3分の1にのぼる数字です。収益自体も数年で急増しており、2020年には15億米
ドルを達成する見込みです。こうした市場の中ですが、一方で、多くのアマチュアプレイヤーが、簡単にトーナ
メントのような大きな大会に参加できないという問題があります。莫大な参加フィーが必要で、一部のプロしか
トーナメントに参加することができません。そういった問題をブロックチェーンの技術を応用し活用
することで、より迅速で安全にトーナメントを楽しむことが出来ます。」と力強く語りました。
GOLは今後、国境を超え、アメリカ、ヨーロッパ、アジアをはじめとする全世界に、順次展開して行きます。

◆特別座談会
続いてのプログラムとして、「eスポーツ×ブロックチェーンがもたらす未来」をテーマに、特別座談会が行われました。GOL社のPatrick Tang氏、Man Kin Fung氏の他に、ブロックチェーン、仮想通貨の第一人者として、コインオタク伊藤氏、eスポーツプレイヤーとしての顔も持つ岸氏の計4名で座談会が行われました。

GOLは、一部のプロプレイヤーしか、eスポーツのトーナメントに参画できないことへの問題意識から始まりました。今ではMan Kin Fung氏主催の香港でのトーナメントは、アマチュアのトーナメントとしては香港最大規模のものとなっています。自国香港で成功することが出来たこの仕組みを、全世界に輸出し、世界中のアマチュアeスポーツプレイヤーに、トーナメントを楽しんで貰えるようにしてくことがネクストステップであると語られました。グローバルに本事業を展開していく課題に対し、コインオタク伊藤氏は、「そもそもどういったビジネスでもグローバルに展開していくことは困難。『仮想通貨』が似たようなハードルを乗り越え、全世界に広まったように、本事業も成長の見込みが感じられる。」と述べました。

これに対しMan Kin Fung氏は、「eスポーツ市場は急速に拡大しており、子犬だと思われていたものが、明日には象になっているかもしれない」という例えを使い、市場が拡大していくことへの期待を表現しました。

「仮想通貨元年と言われた2017年。2018年はeスポーツ元年と言われる年になるだろう。」というコインオタク伊藤氏の言葉で本プログラムは締められました。

 

 

◆eスポーツ デモンストレーション
香港初の女性プロゲーマーチーム「PandaCute」と日本国内のゲーマーで結成された選抜チームで、人気ゲーム「League of Legends」を用いた対戦が行われました。アタックムービーの後に登場したPandaCuteの拙いながらも一生懸命な挨拶に会場が和やかな空気に包まれました。この日集まった方々の中には、実際に生のeスポーツプレイを目にすることがはじめてという人も多くいましたが、実況を見て頂くことで、迫力や醍醐味を体感できる白熱した対戦となりました。

PandaCuteは、その持ち前のチームワークを活かし、終始、有利にゲームを展開し、見事勝利に終わりました。

盛りだくさんの内容で実施された本イベントは大盛況のまま終了いたしました。

 

◆イベント概要

日時      :2018年3月22日(木)13:00~15:00

会場        :e-sports SQUARE AKIHABARA

登壇者    :GOL社 Patrick Tang氏、Man Kin Fung氏

               コインオタク伊藤氏、岸大河/Stan Smith氏

              PandaCute

内容        :事業構想説明、特別座談会「eスポーツ×ブロックチェーンがもたらす未来」、

      eスポーツデモンストレーション

◆グローバルオープンリーグ(GOL)について

GOLは、ブロックチェーン構造を採用した新しいeスポーツのトーナメントプラットフォームです。eスポーツ内の勝ち負けなどで生じる報酬などを独自のGOLTで取引を行います。これにより、より迅速で透明性を帯びた取引が可能となります。

eスポーツの競技人口は全世界で5500万人にものぼると言われていますが、現在のトーナメントは、一部のプロeスポーツプレイヤーしか参画できない仕組みになっています。そのため、非公式なトーナメントに参加することになりますが、中には賞金の未払いなどといった、非公式だからこそ生じる問題があり、多くのアマチュアeスポーツプレイヤーを悩ませています。GOLは、ブロックチェーン上に構築された分散型のユーザー生成トーナメントプラットフォームを提供することで、これを解決していきます。

GOLは、このプロジェクトを実現させることで、特にeスポーツ市場でサービスの行き届いていない、アマチュア選手をターゲットにし、プレイヤーはいつでもどこでもトーナメントを作成し、参加することができるようにすることで、eスポーツ市場が今後更に活性化することを狙いとしています。

【マーケティングスケジュ―ル】

ホワイトリスト登録    :            3月22日開始

KYC                         :            4月予定

トークンセール          :            5月予定

※スケジュールはあくまで予定です。詳しい日程の進捗はSNSなどを通じて随時共有します。

【GOL概要】

公式サイト              :            https://www.goltoken.io/

ジャパン公式サイト  :            http://jp.goltoken.io/

ホワイトペーパー     :https://www.goltoken.io/inc/uploads/2018/03/GOL%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%98%E3%82%9A%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%82%9A%E3%83%BC%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E7%89%88_ver1.0.pdf?lang=ja

イメージ動画            :          https://www.youtube.com/watch?v=IQD6kO0Jjqo

【公式SNS】

公式 Facebook           :            https://www.facebook.com/globalopenleague.gol.9

公式 Twitter              :            https://twitter.com/gopenleagueJP?lang=ja

公式テレグラム          :            https://t.me/globalopenleagjp

【会社概要】

企業名                     :            Global Open League Limited

住所                        :            Tower 535, 535 Jaffe Road, Causeway Bay, Hong Kong

 

Related Articles