10.1 C
Tokyo
火曜日, 11月 24, 2020

eスポーツ大会「JAPAN eSPORTS GRAND PRIX」TGS2020会期内に開催 | esports PLUS

一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)は2020年8月28日(金)、日本eスポーツ選抜競技大会である「JAPAN eSPORTS GRAND PRIX」を、今年9月24日(木)~27日(日)に開催することを発表しました。

採用第一弾タイトルは、「eFootball ウイニングイレブン 2021 SEASON UPDATE」であることが公開されています。

「JAPAN eSPORTS GRAND PRIX」とは

「JAPAN eSPORTS GRAND PRIX」(日本eスポーツ選抜競技大会)は、JeSUが日本のeスポーツシーンを盛り上げ、世界で活躍する選手を創出するために新設したeスポーツイベントで、「TGS2020 オンライン」会期中の9月24日(木)~27日(日)に、同イベントと連携を図りながら開催されます。

「JAPAN eSPORTS GRAND PRIX」は賞金総額が500万円になっており、勝者は「日中韓eスポーツ国際競技会」など、今後開催される国際eスポーツ大会への日本代表出場権を得ることができます。

JeSU公式サイトより

第1弾タイトルはウイイレ2021

「JAPAN eSPORTS GRAND PRIX」の第一弾タイトルには、コナミのサッカーゲーム「eFootball ウイニングイレブン 2021 SEASON UPDATE」が採用されています。

このタイトルでは「ウイニングイレブン 国内最強チーム決定戦」として、

薦で選ばれたJリーグクラブが所有するeスポーツチーム

公募で集まったプロゲーミングチーム

による2人1組1チームのトーナメント戦が実施され、上位チームには総額100万円の賞金が贈られます。

試合は応募者に加えて、推薦の計16チームによるトーナメントがオンラインで実施されます。

予選の上位4チームは、オフラインで行われる決勝大会で3試合に挑みます。

決勝で国際大会への出場権を得られるのは、2人1チームで、各試合とも2VS2の形式で行われます。

現在は

東京ヴェルディeスポーツ

水戸ホーリーホック

横浜F・マリノス

サガン鳥栖

の4つのJリーグクラブが参加確定しており、この機会に選手募集をおこなうJリーグクラブが集まり、合同セレクション「Jクラブセレクションマッチ」も実施されます。

参加チーム募集開始

また同大会への参加チームも募集が開始されており、9月9日(水)まで受け付けられています。

エントリーは専用ページから申し込むことができます。

プロゲーミングチーム(法人)

合同セレクション「Jクラブセレクションマッチ」参加者(個人)

まとめ

JeSUの公式eスポーツ大会「JAPAN eSPORTS GRAND PRIX (日本eスポーツ選抜競技大会)」が、TGS2020会期内の9月24日(木)~27日(日)に行われます。

同大会の第1弾タイトルは、コナミのサッカーゲーム「ウイイレ2021」が採用されており、参加チームが賞金と国際大会への出場権を巡って激突します。

JeSUが日本のeスポーツシーンを盛り上げ、世界で活躍する選手を創出するために新設したこの大会は、いったいどんな展開になるのでしょうか。

参加チーム、そして試合の行方にも注目が集まります。

ソース:「JAPAN eSPORTS GRAND PRIX」プレスリリース[PR TIMES]

Related Articles

パズドラ大会で500万獲得した中学生、年齢規定で没...

eSports。ひと昔前まではゲームでお金を稼ぐ...

動物繊維の市場調査と予測2020-2028 se...

QMI “グローバル動物繊維市場の...