『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』販売本数が1000万本突破。任天堂のゲーム機史上最速 –

0
6

advertisement

任天堂と株式会社ポケモンは11月24日、『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』の発売後3日での全世界累計販売本数が、1000万本を突破したと発表した。

『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』は、『ポケットモンスター』シリーズの最新作。ゲームフリークが開発を手がける。本作の最大の特徴は、オープンワールドを舞台に、境目なくシームレスに広がる街や大自然が楽しめること。広大なフィールドで新たな冒険が繰り広げられる。

そんな同作は、発売から3日にして大台となる1000万本を突破。そのうち国内での販売本数は405万本にのぼるという。日本が4割を占めるというなかなかの比率だ。発売から3日で1000万本という数字は、Nintendo Switchを含むすべての任天堂のゲーム専用機向けソフトの発売後3日間のグローバルおよび国内販売本数として、過去最高だという。

なおNintendo Switchにおける『ポケットモンスター』ゲームの売上記録としては、『ポケットモンスター ソード・シールド』の全世界初週売上は600万本。そして、『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』の全世界初週売上は600万本。『ポケモン レジェンズ アルセウス』の全世界初週売上は、650万本。いずれも初週で好スタートを切っていたが、最新作は発売3日でそれらを上回る数字を叩き出したわけだ。

『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』は、オープンワールド化にともない、オンライン協力プレイやシームレスなフィールドと街の接続、オープンシナリオシステムなど、さまざまな挑戦も盛り込まれている。シリーズとしても屈指の、没入感のある冒険が楽しめるだろう。ただし野心的な挑戦ゆえに、フレームレートを含めたパフォーマンス問題やさまざまな不具合が指摘されている。レビュー集積サイトのMetacriticのメタスコアは『スカーレット』『バイオレット』ともに100点中76点であるが、誰でも投稿できるユーザースコアは10点中約3点と大荒れ。ユーザースコアは爆撃なども受けておりそのままの数字を受け取れないものの、賛否両論な部分もあるだろう。強烈な魅力と問題の両方が存在するゲームといえる。

いずれにせよ、最新作の販売本数は過去最高の数字を叩き出しており、そのコンセプトに魅了された人が多いのだろう。『ポケットモンスター』IPの強さや、本作の宣伝レベルの高さが数字に出たといえる。ロケットスタートをきった本作のセールスが、どのように伸びていくかも注目される。

『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』は、Nintendo Switch向けに発売中だ。