2022年期待の新成人ランキング | ORICON NEWS

0
12

2022年期待の新成人ランキング

 今年の成人の日は1月10日。昨年はコロナ禍で式典の開催中止や延期、映像配信等に切り替えていたが、今年も“第6波”の影響により平時のような開催は厳しい地域も。ORICON NEWSでは恒例の『期待の新成人(※2001年4月2日〜2002年4月1日生まれ)ランキング』を発表。その結果、今月30日に20歳となる女優【清原果耶】が首位に輝いた。清原のほかにも、今年さらなる飛躍が期待される女優たちがTOP10に並んだ。

朝ドラの熱演に感動の声 女優として群を抜く存在感に全世代が期待

 1位となった清原果耶は、2021年はNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』で、気象予報士役で瑞々しい演技を披露して一躍女優としての知名度を飛躍的に高めた。劇中では、10年を迎えた東日本大震災もテーマに含まれたため、繊細な演技が求められる役柄だったが、見事に演じきることで、女優としての評価をさらに上げた。坂口健太郎扮する青年医師・菅波との初々しい恋模様も反響があり、「#俺たちの菅波」はトレンド入りするなど、毎朝話題が絶えなかった。

 年末の『第72回NHK紅白歌合戦』ではそろって審査員を務め、1月1日のインスタグラムでは「終始感動しっぱなしで 本当に贅沢(ぜいたく)な時間を会場の皆さまと視聴者の皆さまと共有出来た」と振り返った。

 清原の潜在能力の高さについて、同性代の10代・20代は「朝ドラの放送も終わりモデル活動も引退し演技へと集中していく中で、これから引っ張りだことなる姿が容易に想像できるので」(広島県/20代・男性)、「たしかな演技力、モデル力、歌唱力、人を惹き付けるものを持っている」(大阪府/20代・男性)と期待。

 母親世代からも「まだ成人を迎えていないことにビックリ。落ち着いていて演技も上手く、大女優の貫禄がある」(大阪府/40代・女性)、「透明感があり魅力的。頭の回転も速そうですし、落ち着いていて、素敵な女優さんだと思います」(埼玉県/50代・女性)と全世代から注目されている。

 『おかえりモネ』の最終回翌日には、専属モデルを務めていたファッション誌『Seventeen』(集英社)の卒業を発表。今年は11日スタートの『ファイトソング』(TBS系)に主演し、空手の夢に破れたスポ根女子の恋愛模様を演じ、ティーンから大人の女性へとステップアップする。相次ぐ話題作への出演で、若手女優が多数いる中で、抜きんでた存在であることは間違いない。

東京五輪で見せた悔し涙でより高まった期待「日本サッカー界を牽引する存在」

 2位はサッカー日本代表であり、スペイン・プリメーラ・ディビシオン・マヨルカ所属の久保建英選手。ローティーンからスペインの名門バルセロナの下部組織で経験を積み、16歳でFC東京とプロ契約。数々の最年少記録を経て、2019年にレアル・マドリードに移籍するなど多彩に活躍してきた。昨年の東京五輪のメキシコ戦に敗れた際には、試合後は号泣したことも話題に。

 世界で活躍する久保選手に「オリンピックでの涙、あの涙を見たときに久保建英が今後の日本代表を牽引する存在になってくれるに違いないと確信しました」(広島県/20代・女性)、「早い内から世界に羽ばたいているので、どんどん視野を広げて実績を重ね、日本サッカー界を牽引する存在になって欲しい」(千葉県/30代・女性)とエールが送られた。

 彼を子どもの頃から見守ってきたサッカーファンも多く、「まだ20歳なことに驚くが、日本の至宝として怪我なく成長してほしい」(東京都/40代・男性)と実年齢に驚きの声も多かった。

天真爛漫なイメージから大人の女性への変化が楽しみ

 3位は女優をはじめ様々なメディアで活躍する森七菜がランクイン。昨年はSixTONESの松村北斗とダブル主演を務めた映画『ライアー×ライアー』で“金髪ギャル”姿も披露し、新たな一面を見せた。

 歌手としても活躍し、昨年8月配信の『深海』はYOASOBIのAyaseがプロデュース、10月配信「背伸び」の作詞は、森の存在が知られるきっかけとなったアニメ映画『天気の子』(2019年)の監督・新海誠が担当したことも話題に。

 多方面で活躍する森に「演じる役柄に対する愛情や気合いが感じられて、何にでもなれるような努力家なところが素晴らしいと思います」(愛知県/30代・女性)、「ピュアなイメージが大人の女性に変化していくのを楽しみにしているから」(福岡県/40代・男性)などの声が寄せられている。

 バラエティでも無邪気な様子を見せ、「マルチな才能を持っていると思っています」(千葉県/50代・女性)と幅広い世代から好感を得ている。

 1月からは15日スタートのドラマ『逃亡医F』(日本テレビ系)で新米海洋観測士を演じることも決定している。

ブレイク女優たちがランクイン さらなる女優業への躍進望まれる

 昨年の年間のブレイク女優ランキングにも入賞した女優たちが、同ランキングにも登場。


 4位の平手友梨奈は昨年4月クール放送のドラマ『ドラゴン桜(第2シリーズ)』(TBS系)に岩崎楓役として出演するなど女優、歌手として活躍。「欅坂から脱退して自分らしさが出てきているからこれからも頑張ってほしい」(大阪府/10代・女性)、「まだ光り輝くモノを秘めているように感じるから」(神奈川県/10代・男性)など、まだ見ぬ魅力に期待の声がよせられている。
 5位の生見愛瑠(めるる)】はバラエティでの好感度だけではなく、ドラマ『恋です!』(日本テレビ系)で見せた演技が印象に残っている人が多い。見た目のキャピキャピ感とは裏腹にバラエティ等での対応力も抜群で「まだ成人式をしていなかったのかびっくりするくらいしっかりとしているから」(東京都/30代・女性)といった声もあった。

 東京五輪の期待の表れで、アスリートがランキングに多く登場した昨年に比べ、今年は各界をリードする新成人が並んだ。女優業に進出した【生見愛瑠】や、昨年CDデビューを果たしたなにわ男子大西流星など、新たなキャリアをスタートさせた新成人もランクインしており、大人の一歩を踏み出したことで、さらなる飛躍を見せてくれるだろう。

【調査概要】
調査時期:2021年12月16日(木)〜12月21日(火)
調査対象:計1000名(自社アンケートパネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代、50代の男女)
調査方法:インターネット調査
調査機関:オリコン・モニターリサーチ

【オリコンランキングご利用上のご注意】
オリコンランキング(売上枚数のデータ等、オリコンのあらゆるデータ、ランキング)の著作権その他の権利はオリコンに帰属しております。WEBサイト(PC、ブログ、携帯電話等)や電子メール、雑誌等の紙媒体等、いかなるメディアにおきましても、オリコンランキングを無断で掲載するといった行為は固く禁じております。

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!