22.3 C
Tokyo
火曜日, 5月 18, 2021

「Google Play ベスト オブ 2020」が発表!ベストゲームは『原神』!! 入賞タイトルにも注目


2020年12月1日(火)、日本で人気を集めたGoogle Playのコンテンツを紹介する「Google Play ベスト オブ 2020」が発表され、ゲーム部門のベストゲームに『原神』が輝いた。そのほか、5部門の大賞や部門賞は今年を象徴する作品が入賞している。

各部門で今年を象徴する作品が入賞!!

本日12月1日(火)、日本で人気を集めたGoogle Playのコンテンツを紹介する「Google Play ベスト オブ 2020」が発表された。

「Google Play ベスト オブ 2020」は、Google Play が主催する、 Google Play のコンテンツで2020年に話題になったゲーム・アプリ・マンガ・映画を Google Play が選出し、一般ユーザーの投票を通じてそれぞれのカテゴリーの最優秀賞を決定する企画。

ゲームは5部門で構成され、ベストゲームと各部門で最優秀賞などに入賞したタイトルが発表されている。

金 清司氏(Google Play – Games ビジネス開発 日本統括部長)からいただいたコメントとともに、各受賞作品を紹介していこう。

ベストゲーム

ベストゲームに選ばれるタイトルは、期待を上回るゲームであり、人の心をつかんで離さず、手軽さとジャンルを超えたエクスペリエンスを提供するものでなければなりません。

今年の受賞作品は、そのすべてを余すところなく体現した作品です。

原神

コンソールとの同時リリースで、モバイルでこれだけ重厚感のあるオープンワールドが遊べるとユーザーに驚きを与えたタイトルの1つ。

受賞理由

荒涼とした原野、にぎやかな街、そしてそびえ立つ高台からの雄大な景色。

広大なオープンワールドをさまよう醍醐味がこれでもかと詰め込まれたこのタイトルは、その巨大なスケールと細部にこだわったディテールで、まさに「冒険する喜び」をストレートに思い出させてくれた大作。

その世界観、ゲーム性、クオリティにおいて、今年最高の作品にふさわしいゲームと言えるだろう。

受賞コメント(株式会社miHoYo)

この度は、Google Playの「2020年ベストゲーム」に選ばれたことを大変光栄に思います。

私たちは、『原神』を世界中のプレイヤーが体験できるオープンワールドアドベンチャーにすることを当初から目指しており、多くのプレイヤーがゲームを楽しんでいる姿を目の当たりにし、とても嬉しく思っています。

そしてより多くのプレイヤーの皆様に、新しいエキサイティングなゲーム体験をお届けしたいというのが私たちの願いであり、情熱と努力を注いだこのプロジェクトが、多くのファンの皆様に愛され、支持されたことを大変嬉しく思います。

いつもサポートして頂く、Googleチームにも感謝しています。

最優秀賞:プロジェクトセカイカラフルステージ! feat.初音ミク

優秀賞

  • アークナイツ
  • 原神
  • 聖闘士星矢 ライジングコスモ
  • ディズニー ツイステッドワンダーランド

エキサイティング部門

2020 年を代表するこのゲームで、友だちも敵も関係なく白熱したバトルを繰り広げましょう。

バトル後は、勝利をお祝いするのも、再戦に向けて準備を整えるのも自由です。

大賞:ドラゴンクエストタクト

昨年ベストゲームに選ばれた『ドラクエ(ドラクエウォーク)』が今年は違う形でリリースされ、更に多くのファンをドラクエに引き込みました。

受賞理由

シリーズ初のタクティカルRPG。

新しい試みの中でもドラクエらしさが随所に感じられ、スマホ仕様のシンプルなタクティカル要素に加え、キャラ育成やチーム編成の奥深さがユーザーを飽きさせない。

王道のRPGに新風をもたらしたチャレンジ精神が幅広く受け入れられる形となった。

部門賞

  • アークナイツ
  • この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ
  • 東方LostWord
  • FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS

インディー部門

インディー部門に関しては、人々を楽しませるゲームにあふれた素晴らしい 1 年となりました。

各受賞作品は、2020 年のおすすめ作品の中でも、期待をはるかに上回るものでした。

大賞:Sky 星を紡ぐ子どもたち

Skyを通して人と触れ合う、心の繋がりを生んだタイトル。

受賞理由

たくさんの優しさとほんの少しの寂寥感に彩られた世界観は、唯一無二。

他には見られないオンリーワンの癒し体験を提供し、インディーとしては異例なほどたくさんのユーザに愛され、その記憶に深く刻まれたであろうこのタイトルこそ、多くのインディーの良作の中でもトップの作品にふさわしい。

部門賞

  • シャイボーイ -脱出ゲーム
  • まつろぱれっと
  • 勇者の飯
  • 忘れないで、おとなになっても。

キュート&カジュアル部門

2020 年にベストゲームに選ばれたゲームは、短い時間に簡単にプレイできるだけでなく、楽しいチャレンジに簡単にアクセスでき、何時間も私たちを楽しませてくれます。

今年賞に選ばれたゲームは、どれもダウンロードしたらすぐに遊べるゲームばかりです。

ぜひお楽しみください。

大賞:Pokémon Café Mix

受賞理由

絵本のようなタッチで描かれたポケモンたちの愛くるしい動きや表情に、数多くのユーザが魅了された。

経営するカフェであくせく働くポケモン、来店して寛ぐポケモンが理屈なしに可愛く、ポケモン表現の新機軸を打ち出した感がある。

作品を支えるパズルゲーム要素の完成度も高い。

部門賞

  • あんさんぶるスターズ!! Music
  • スヌーピー パズルジャーニー
  • D4DJ GroovyMix(グルミク)
  • ONE PIECE ボン!ボン!ジャーニー!!

クリエイティブ部門

2020 年にゲームの常識を塗り替えたゲームをご紹介します。

一般的なゲームをさらに進化させたゲーム、想像力を掻き立てる新しい体験のゲーム、広大な世界を冒険するゲームなど、さまざまなゲームをお楽しみください。

大賞:ディズニー ツイステッドワンダーランド

ディズニーの世界を新たに再構築し、よりファンを広げたゲーム。

受賞理由

バトルやリズムゲームなど様々なゲーム体験を融合したこのタイトルの最大の魅力は、その世界観。

ディズニーの題材の中でも歴代ヴィラン(悪役)に着目し、オリジナリティあふれるキャラクターとその物語を創り出すことに成功した画期的な作品。

DisneyのIPを再構築し、新しい世界観を作り上げたクリエイティブ性は幅広く評価され、多くのユーザーを魅了した。

部門賞

  • AFK アリーナ
  • オクトパストラベラー 大陸の覇者
  • プロジェクトセカイカラフルステージ! feat.初音ミク
  • ミニ四駆 超速グランプリ

2021年、Google Playの考えるこれからのモバイルゲーム市場

モバイルデバイスの性能向上とともにモバイルゲームは進化を遂げてきています。

それに加え、今年のトレンドにも挙げられる「離れていても繋がって遊べる」部分は、来年以降もモバイルゲームの開発に影響を与えるだろうと思っています。

この1年を通じてゲーム会社さんが得られたものが、新たな遊び方やゲーム性を生み出すと考えています。

-金 清司氏(Google Play – Games ビジネス開発 日本統括部長)

Related Articles