17.5 C
Tokyo
金曜日, 10月 23, 2020

Opinion:新型家庭用ゲーム機の発売に向けてデッキを重ねる –

Halo Infiniteの遅延は分水嶺となる瞬間 ― 景気後退と開発の混乱の間で,環境はこれまで以上に厳しくなってきている。

 賢明でよくハゲた男が最終的に言うように,間違いを犯していなくても負けることはある(※Star Trek: The Next Generationでのピカード艦長のセリフ)。

 今年,何度か書いてきたが(関連英文記事),今年の次世代機発売に向けての最も注目すべき点は,ソニーとMicrosoftの両者がいかに巧みにすべてを処理するかということだ(関連記事)。ボールを落としたり,口に足を突っ込んだり,関係者全員を悩ませるような見栄っ張りな発言をしたりはしていない。誰も,不可解なことに,自分たちの家庭用ゲーム機を生放送用の見栄えのする視聴装置に変えようとはしていないし,消費者が喜んで副業をして手に入れることができる奇跡のワンダーボックスだと主張していない。

 XboxとPlayStationの将来のビジョンは非常に異なっているが,それぞれのビジョンはこれまでのところ,巧妙に,そして賢明に説明されている。しかし,両社は発売前の年の落とし穴を巧みに回避しているとはいえ,ますます不利な状況に追い込まれている感は否めず,当然望むような規模の発売を成功させることはもはや不可能かもしれない。率直に言えば,これら2つはおろか,2020年は新型ゲーム機を発売するには最悪の年になるかもしれない。

2020年は,新しい家庭用ゲーム機を発売するために想像できる最悪の年になるかもしれない – それらのうちの2つだけでなく」

 Halo Infiniteの2021年への延期は(関連英文記事),この点では画期的な出来事のように感じる。新しい家庭用ゲーム機の発売に向けてのコミュニケーションは必ずしも明るいものではなかったが,COVID-19のパンデミックが多くの問題を引き起こしそうだということは明らかだった。
 とくに,少なくないデベロッパが仕事のやり方が大きく乱れている中でマイルストーンを達成し,スケジュールを守る問題に直面しているという困難さが挙げられる。

 任天堂は,サイクルの中盤にあり,Switch向けの主要タイトルのバックカタログをしっかりと保持しているという安心感があるが,開発スケジュールがすべてうまくいっているわけではないということを,プラットフォームホルダーの中でも最も強く示している(関連英文記事)。このように,発売予定のゲームがいつ発売されるか分からないという不確実性を物語っているのが,糸の切れた今後のリリーススケジュールだ。今,Microsoftの手は封じられている。 ― そして,それが強制されている停滞は,いくつかの意味で残酷なものであり,新型家庭用ゲーム機の発売時に最も注目を集めるファーストパーティのタイトルを奪っている。

PS5のローンチでも初期の主要タイトルが奪われていないというシナリオは想像しにくい

 ソニー側では,ローンチタイトルが確定していなかったので,どのタイトルが今年のイベントで後回しにされたのかは分からないだろう。しかし,パンデミックの影響で開発が遅れているため,PS5のローンチでも初期の主要タイトルが奪われていないとは考えにくい。

 これまで慎重に発売計画を管理してきたMicrosoftにとって,ファーストパーティの有力ソフトを一切出さずに新ハードを発売することは,大きな打撃になるに違いない。少なくとも,バックカタログのサポートやGame Passのようなサービスに集中的に取り組んできた同社の努力が実を結び,うまくいけばファーストパーティの大ヒット作が出るまでの数か月間,ゲーム機をサポートしてくれることになるだろう。

 それにもかかわらず,それはXbox Series X/Sの発売に一定のトーンを投げかける; 多くの消費者にとって,新しいハードウェアの到着は,今ではXbox One Xの発売に匹敵するイベントになるだろう。 ― 既存のゲームをプレイするためのより良い,よりハイスペックな方法 ― “本当の “次世代機の発売イベントよりもだ。MicrosoftはXboxのラインアップの連続性を強調したかったのは確かだが,これは望んでいたものではない。

任天堂の立場は,サイクルの中盤で,独自の非常に人気のある家庭用ゲーム機上であり,おそらくここではとどめの一撃となる

 これらのソフトウェアラインナップの問題は,ローンチに向けてすでに厳しい状況を悪化させるだけだ。もちろん,どの程度高価なのかはまだ分からないが,需要サイドの大きな不況が経済に食い込んでくるまさにそのときに発売されることになるだろう。消費者がベルトを引き締めている間は,大型ソフトの発売が遅れても,新しいゲーム機の購入を待つだけで,消費者の決心を助けることになる。

 任天堂は,非常に人気があり成功を収めているゲーム機をサイクルの半ばに発売していることが,冬に発売される,より高価でソフト面での課題を抱えたハードにとっては逆風となっている。任天堂がハードウェアのサプライチェーンを整理することができれば,需要が全体的にかなり落ち込んでいるとはいえ,まだ別のクリスマスの堅実な勝利者として同社が浮上するのは簡単だ。

ソニーは今のところ多くのローンチ独占製品にコミットしておらず,どのゲームがローンチウィンドウに準備ができているかはまだ分からない
Opinion:新型家庭用ゲーム機の発売に向けてデッキを重ねる

 しかし,本当の問題は,今年の冬の四半期の売上がどうなるかではなく,これが長期的に新型機にとってどのような意味を持つのかということだ。ソニーに何か素晴らしいウサギがいて,パンデミックにもかかわらず,注目度の高いファーストパーティタイトルをスケジュール通りに出し続けているのでなければ,今直面している状況は,どちらの会社にとっても有利でも不利でもないだろう。
 しかし,MicrosoftがXboxシリーズの初代とサードパーティのラインナップの詳細を明らかにするまでは,Halo Infiniteのバスケットの中にどれだけの卵が入っていたのか,はっきりとしたことは言えないというのは注目に値する。

消費者が次世代機は最初からダメだという考えを持ってしまうと,どちらかが回復するまでに何年もかかる可能性がある

 任天堂は,その点では満足しているだろうが,ソニーとMicrosoftにとっては,開幕早々の一撃は,競争を2021年以降に押し戻すことになるだろう。新しいシステムは,とくにさまざまな分野でサプライチェーンの問題が起こりそうなことを考えると,いずれにせよ最初から制約を受けることになる。そして一般消費者が行列を作ることなく,もしくはフープを飛び越えることなく家庭用ゲーム機を購入できるくらいに十分なハードウェアができるときには, 両社は ― 理論的には ― 彼らのソフトウェアの状況はかなりよくなっているはずだ。次世代家庭用ゲーム機を望む人は,ローンチウィンドウのソフトウェアが遅延しているくらいでは購入を諦めないだろうという強い議論がある; それは彼らの購入を4分の1か2を押し戻すだろう, しかし,収益はまだ最終的に上向きになる。

 これがポジティブな見方だ。否定的な見方は,家庭用ゲーム機プラットフォームは勢いに左右されるということで,もし発売直後からポジティブな話題性と消費者の好感度を得ることができなければ,その点で必要なところに戻るには膨大な量の車輪が回転し,無駄な努力が必要になるというものだ。現実的に言えば,発売後1年程度のゲーム機は,実際には論理的な購入ではなく,将来のゲームへの投資であり,約束なのだ。そのため,消費者が「次世代機はダメだ」という考えを最初から持っていると,その地位と売上を回復するのに何年もかかる可能性がある。

 PS3の発売が失敗したあと,市場のリーダーとしての地位を取り戻すためには,全世代にわたって膨大な投資と努力が必要だったが,Xbox Oneは次の世代で同じ偉業を成し遂げることはできなかった。Xbox 360やPS4がそうであったように,これらの次世代機のどちらか一方が「勝者」にならなければならないという前提があるが,両方とも非常にうまくいく可能性もあり,より悲観的に言えば,多くの消費者が他の場所に興味を持って出かけていく間に,次世代機は両方ともPS3(スローバーン)やXbox One(立ち消え)のような業績になるのを止めるものは何もない。これこそが,発売時の盛り上がりに失敗する本当のリスクなのだ。

 私はこの問題の解決策をひけらかして記事を終えたいと思うのだが,残念ながら,そのような解決策が存在するとは確信していない。両社とも,今では発売までの道のりにロックされており,今年の外因性のイベントによって,想像できる限りの最悪の手を払わされている。2020年がどうなるかを予知していたのであれば,ソニーもMicrosoftも今年の冬を発売時期に選んだとは思えないが,今の時点では,ストレートに遅れることは大きなダメージになるだろう。

 アイルランドのジョークに,運転手が車を止めて道端の老人にある町への道を尋ねると,老人は一瞬真剣に考えてから「まあ,もしそこに行きたかったら,正直言ってここから始めないだろう」と言うというものがある。それでも,我々はここにいる。これまでの綿密でスマートな計画のために,Microsoftもソニーも,これからどうやって最大限に活用するかを考えなければならない。消費者の興奮と製品の評判の面から見ても,新しい家庭用ゲーム機の発売としては,これまでに直面した中で最も厳しい状況になることは間違いないだろう。

Related Articles