Oculusデバイス,10月からログインにFacebookアカウントを要求 –

0
180

Oculusアカウントのサポートは2023年1月1日以降で終了。

 Facebookは2020年10月から,ユーザーがFacebookアカウントを使ってOculus VRデバイスにログインすることを義務付けることを発表した。

 同社は本日のOculusアカウントからのツイートで(参考URL),既存のユーザーはOculusアカウントとFacebookアカウントを統合することができ,統合をオプトアウトしたユーザーはさらに2年間Oculusアカウントを使い続けることができると説明している。

 しかし,Facebookは2023年1月1日以降,Oculusアカウントのサポートを終了し,Facebookアカウントを使ってログインしたくない人は,Oculusデバイスのフル機能を使うことができなくなる。

 「いくつかのゲームやアプリが動作しなくなる可能性があるが,我々は,あなたが購入したコンテンツを使用し続けることができるようにするための措置を講じます」とOculus Blogの投稿で変更の詳細が説明されている(参考URL)。

 「これは,Facebookアカウントを必要とする機能が含まれているためであり,または購入したアプリやゲームをサポートしないことを開発者が選択したことが原因である可能性があります」

 また,今後のOculusデバイスはすべてFacebookアカウントが必要になる。

 Facebookは,この変更は,将来的にFacebookとOculusデバイス間で,より多くのマルチプレイヤーやソーシャル体験を含む,より多くのソーシャルVR機能や機能を統合できるようにすることを意図したものだと説明している。

 「Facebookアカウントと本物のアイデンティティに裏打ちされたVRプロファイルを使用することで,コミュニティを保護し,追加の整合性ツールを提供することが可能になります」とBlog記事は続けている。

 「たとえば,Oculusの行動規範を別個に設ける代わりに,Facebookのコミュニティ基準を採用するとともに,VRに特化した新たなポリシーを追加します。これにより,悪い行為を報告し,人々に責任を負わせ,プラットフォーム全体でより歓迎される環境を作るためのより一貫した方法を提供しながら,VRのユニークな考慮事項を引き続き考慮できるようになります」

 Facebookは,ユーザーがOculusをFacebookのプロフィールに投稿しないようにしたり,友人からの活動を非表示にしたりできる一方で,Facebook製品全体でパーソナライズされた広告を表示するための情報を含む,友人リスト,使用中のVRアプリ,イベント,写真,VR活動,Facebookデータなど,ユーザーからの情報を収集することを認めている。

 Facebookはこれらの点で安心感を提供しているが,同社の定評のあるソーシャルメディアプラットフォームには,侵入的なデータ収集(参考URL)とチェックされていない不適切なコンテンツの両方で長い歴史があり(参考URL),どちらも今日に至るまで争われている。

※本記事はGamesIndustry.bizとのライセンス契約のもとで翻訳されています(元記事はこちら