ビームスがファッションとゲームの壁を「ぶっ壊す」 eスポーツ市場参入で感じた課題と手応え | WWDJAPAN

0
42

 ファッション業界からゲーム業界に参入する動きが徐々に出始めている中、ビームスは2018年から日本eスポーツ連合(JeSU)のオフィシャルスポンサーとして日本代表選手にユニホームを提供し続ける先駆者だ。20年には国内最大級のeスポーツイベント「レイジ アジア 2020(RAGE ASIA 2020)」の公式Tシャツをデザインし、イベント公式サイトでの販売やバーチャル空間「V-RAGE」でのアバターへの無料提供など、ゲームとファッションを融合させる試みに挑んでいる。こうしたプロジェクトを担うのが、ビジネスプロデュース部の日高正幸チーフプロデューサーと、ビームス クリエイティブの島崎英美子係長を中心とした5人のチームだ。新型コロナウイルスの影響で本格始動はこれからというが、ゲームを取り入れたビジネスに確かな手応えを感じている。

 JeSUのスポンサーに就いた経緯について、島崎係長は「当時はeスポーツがオリンピックの正式種目になるかもしれないと見込み、ゲームの分野にいち早く参入したかったから。同じタイミングでJeSUからも『ゲーム=オタクというイメージを変えたい』と話があり、お互いの意向がマッチした」と振り返る。日本代表のユニホームは“普段着の延長で着られるウエア”をデザインテーマに、半袖シャツとコーチジャケットを提供した。しかし大会延期などの影響もあり、「eスポーツの分野をどうマネタイズしていくかはまだ模索している」と日高プロデューサー。「例えばゲームタイトル単体でのコラボレーションであればアイテムでの収益化が見えてくる。それがeスポーツという大きなカテゴリーになると、野球やサッカーのようにマネタイズできるまでには現段階では至っておらず、知見をどうためるかを考えている」。

この続きを読むには…

残り836⽂字, 画像3枚

この記事は、有料会員限定記事です。

紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。