16 C
Tokyo
火曜日, 4月 20, 2021

“コンソールゲームのサブスク”ついに日本にも! Xbox Game Pass日本サービス詳報 –

 日本マイクロソフトは既報の通り、Xboxのサブスクリプションサービス「Xbox Game Pass」を4月14日より提供を開始する。提供プランは海外と同様に、もっともベーシックなXbox One向けの「Xbox Game Pass for Console」から、PC向け「Xbox Game Pass for PC (Beta)」、そして両方を兼ね備え、かつXbox Live Goldまでバンドルした「Xbox Game Pass Ultimate」の3種類で、月額利用料金は、for Consoleが850円、for PCが425円、Ultimateが1,100円(いずれも税込)で、グローバルより数百円ほど安い世界最安値での提供となる。サービス開始に先立ち、日本サービスについて取材することができたので、詳報をお届けしたい。

【Inside Xbox April 2020 Official Promo – ft. Grounded, Gears Tactics, and more!】

 本来なら「Xbox Game Passとは……」から書き始めたいところだが、GAME Watchでは、過去2年に渡って、日本のゲームファンに向けてXbox Game Pass情報をお届けしてきた。結果として日本サービス開始を煽る結果となり、日本の担当者から「煽りすぎである」と怒られてきた。未読の方は、ぜひ筆者の汗と涙の結晶をご一読いただきたい。

毎年疎外感を感じていたE3でのXbox Game Passの発表

【2018年6月13日】
Xbox魅惑の定額サブスクリプションサービス「Xbox Game Pass」は日本でいつからスタートするのか?

【2018年8月25日】
Xbox Game Passに注力するMicrosoft。次の目玉タイトルは4K/HDRアップデートを実施した「Halo: The Master Chief Collection」

【2018年11月20日】
Xboxのフォーカスはコンソールからプレーヤーへ。「[email protected]」が早5周年。Xbox Game Passの日本展開は2019年以降に

【2019年6月11日】
日本のゲームファンをやきもきさせ続ける「Xbox Game Pass」最新動向

【2019年11月15日】
Phil Spencer氏、Xbox版「ファイナルファンタジーXIV」について「吉田さんと共にXboxで展開できる道を模索している」とコメント

【2020年4月7日】
いよいよXbox Game Passの日本サービス発表か!? 2020年最初の「Inside Xbox」の配信が決定!

 というわけで、海外での2017年6月のサービス開始から、約3年の時を経てようやく日本サービスがスタートする。日本サービスがここまで遅れた理由は、日本のXbox One市場が小さいためとか、Tier 2エリアだったためではなく、日本でコンソールゲームビジネスを展開する上で避けて通れないCEROレーティングを通過する方策を練っていたため、である。

【Xbox Game Passタイトルリスト】

日本は執筆時点では未公開なのでこちらは海外版のXbox Game Passタイトルリスト。日本でも3月11日にリリースされたばかりの「Ori and the Will of the Wisps」が含まれている。4月7日現在で、Xboxが261タイトル、PCが191タイトル、計403タイトルが提供されている

 具体的には「Gears 5」を筆頭に、Xbox OneにはCERO:Z指定(18歳以上)のゲームがたくさんある。子どもを含む家族でプレイしているのにXbox Game Passのメインメニューにアクセスしたら、これらのタイトルが次から次にオススメされるようでは困るし、CEROとしても承認できないわけである。

 やっかいなのは、このXbox Game Passのサービスは、今や多くのゲームプラットフォーマーやゲームメーカーがそうであるように、グローバル単一のシステムで運用されているところだ。設計の時点で、日本のようなCERO:Zだけを除外して表示させるという機能を持っていなかった。このことで、Xbox Game Passの日本サービスは頓挫してしまった。

 しかし、日本マイクロソフトにはXbox Game Passをサービスしないという選択肢は存在しなかった。なぜならXbox Game Passは、Xboxビジネスの中核となるサービスであり、その方向性はXbox Series Xではますます顕著になる。やらないということはイコール日本からの全面撤退を意味する。

 一方、Microsoft本社のXboxチームとしても、Xbox Oneがどれだけ日本で失敗しても絶対撤退できない事情があった。“コンソールゲームの母国”である日本の肥沃なゲームコミュニティと、そのゲームコミュニティに対して優れたゲームを供給し続けてきた日本のゲームデベロッパーの存在である。日本からの撤退は、そのふたつとも失うことを意味し、日本抜きでのコンソールゲームビジネスはもはやグローバルサービスとは言いがたくなってしまう。

 このためMicrosoftは、筆者が取材した限りでは、CEROの要望に従う形で、CERO:Zを除外する方向でシステムの改修を進めていた。風向きが変わったのは、Project Scarlett、すなわちXbox Series Xが発表されてからだ。本社サイドがXbox Series X時代のXbox Game Passを模索するタイミングに入り、日本の担当も変わったこともあって、どうも状況が見えなくなった。

 筆者はE3 2019が終わった時点で、「日本はXbox One世代での提供は完全に諦め、Xbox Series Xスタートなのではないか?」と疑っていたが、2019年11月にロンドンで開催されたプライベートイベント「X19」で、Phil Spencer氏自身が明快な方針を示した。「まもなく日本でも提供を開始する」と(関連記事)。トップのメッセージによってXbox Game Passの準備が進められていることが再び明確となった。

 Spencer氏は今回の発表に合わせて、新型コロナウイルスの影響でテレワークになっている関係から自宅から日本のゲームファンにメッセージを送っている。日本語混じりで、日本市場に対して深いリスペクトが感じられる内容となっている。後ほど一般公開される予定となっているため、ぜひ一度視聴して欲しい。

【日本の皆さん Xbox Game Pass にようこそ – フィル スペンサーからのビデオメッセージ】

【日本語で挨拶するSpencer氏】

激レアな日本語で挨拶するSpencer氏

 最終的に日本のXbox Game Passは、18歳以上限定のサービスとなった。つまり、CERO対応を断念し、サービス丸ごとCERO:Z相当として提供するという決断を下した。これはfor Consoleだけでなく、for PCも、Ultimateもすべてである。家族で遊んでいるご両親や、小遣いで遊びまくろうと思っていた中高生にはいささか残念な発表だが、Xbox Series Xのリリースを同年に控え、3年掛けて下した決断で、これが覆ることはなさそうだ。これに合わせて、Xbox Game Passの日本での決済手段も「クレジットカードのみ」となる。

 ただ、この非情な決断によって、我々ゲームファンが受けられるメリットも大きなものとなった。まず、提供コンテンツはグローバルと同一のものとなった。これにより、日本市場は除外される、ネットスラングでいうところの“おま国”の事態はなくなる。グローバルで提供されるものは日本でも等しく提供される。“おま国”の発生は、筆者含めXboxファンが等しく恐れていた事態だけに、これがないだけで嬉しいというゲームファンは少なくないだろう。

 同一といわれても今ひとつピンとこない方もいると思われるので、現在Xbox Game Passで提供されているタイトルの一部を紹介しておきたい。Xbox 261タイトル、PC 191タイトル、計403タイトルのなかのごく一部となる。これらが月額のサブスクリプションを払うだけで遊び放題となる。

【Xbox Game Pass提供タイトル(一部)】
日本のクリエイターたちの名作タイトル:
・デビルメイクライ5 (Xbox Game Pass for Console)
・NieR:Automata BECOME AS GODS Edition (Xbox Game Pass for Console)
・鉄拳7 (Xbox Game Pass for Console)
・Yakuza 0 (Xbox Game Pass for Console, Xbox Game Pass for PC (Beta))
・デッドライジング4 (Xbox Game Pass for Console, Xbox Game Pass for PC (Beta))

海外の大型タイトル:
・NBA 2K20 (Xbox Game Pass for Console)
・ウィッチャー3 (Xbox Game Pass for Console)
・Dishonored 2 (Xbox Game Pass for Console)
・DOOM (Xbox Game Pass for Console)
・シャドウ・オブ・ウォー (Xbox Game Pass for Console)
・アウター・ワールド (Xbox Game Pass for Console, Xbox Game Pass for PC (Beta))

世界中のインディータイトル:
・Untitled Goose Game 〜いたずらガチョウがやって来た!〜 (Xbox Game Pass for Console)
・ロケットリーグ (Xbox Game Pass for Console)
・Hollow Knight(ホロウナイト) (Xbox Game Pass for Console, Xbox Game Pass for PC (Beta))
・ARK: Survival Evolved (Xbox Game Pass for Console, Xbox Game Pass for PC (Beta))

なつかしの名作タイトル:
・バンジョーとカズーイ (Xbox Game Pass for Console)
・NINJA GAIDEN 2 (Xbox Game Pass for Console)
・パンツァードラグーン オルタ (Xbox Game Pass for Console)
・メタルスラッグX (Xbox Game Pass for Console, Xbox Game Pass for PC (Beta))
・アルバスティア戦記 (Xbox Game Pass for Console, Xbox Game Pass for PC (Beta))

 そして第2点目の特徴として、価格が安い。これは遅れた分の補填とも言えそうなぐらい安くなっており、すべてのプランがグローバルで採用されている価格よりも100円から500円ほど安くなっている。

提供プラン 日本の料金(1カ月/税込み) 海外の料金(参考)
Xbox Game Pass Ultimate (Xbox、PC、Xbox Live Gold) 1,100円 14.99ドル(約1,630円)
Xbox Game Pass for Console (Xbox) 850円 9.99ドル(約1,090円)
Xbox Game Pass for PC (Beta) (PC) 425円 4.99ドル(約540円)

 この価格設定で、グローバルと同一のサービスを日本で、しかも日本語化されているものは日本語版でプレイできるのだから、お得感が高い。しかも、グローバルサービスと同様に日本でもローンチ時は、1月100円で提供するキャンペーンを実施するほか、Xbox Game Passメンバーは、会員特典として、ゲーム購入時は最大20%の割引や、追加DLC購入時に最大10%の割引を受けることができる。

【XboxとPCと両方に提供】

タイトルラインナップは微妙に異なるが、Xbox OneとPCの両方に提供する

 ここまで優遇されていると「何か重大な落とし穴があるのではないか?」と勘ぐってしまいたくなるが、「提供価格は、各リージョンのデベロッパーパートナーの意見や市場動向を見て個別に決定している」ということで、価格自体も期間限定のキャンペーンプライスではなく、原則としてこの料金が日本の正規料金となるようだ。

 そしてビッグニュースといえるのは、Xbox Game Passは、Xbox OneとXbox Series Xは共通のサービスとして扱われることだ。Xbox Game Pass for ConsoleもしくはUltimateユーザーは、追加課金無しで「Halo Infinite」をはじめとしたXbox Series Xのローンチタイトルになだれ込める。

【日本Xbox Game Passサイトイメージ】

日本向けに用意されているXbox Game Passサイトイメージ。「Ori」や「ニーア」、「デビル メイ クライ 5」など、日本でも人気の高いタイトルでその魅力をアピール

 Microsoftは2月に行なわれたXbox Series Xに関する新たな情報公開で、Xbox OneとXbox Series Xのタイトルを同一のものとして扱う「Smart Delivery」構想を発表し、プラットフォーム間の垣根を取り払ってコンテンツを提供する計画を明らかにしていた。1つソフトを買えば両プラットフォームで遊べるというのは、買い控えをなくし、Xbox Series Xの購入意欲をそそる優れた施策と言えるが、Xbox Game Passもそのままシームレスに繋がるようだ。

 もともと世界一のソフトウェアカンパニーであり、現在はクラウドカンパニーであるMicrosoftらしい思い切った施策であり、それが日本でも確実にサービスが受けられることは素晴らしいニュースだ。現在、Xbox Game Passが提供しているすべてのタイトルに加え、2020年最大級のAAAタイトルである「Flight Simulator」や、「Minecraft」ファンお待ちかねの「Minecraft Dungeons」がサブスクで遊べる! この未来にワクワクしながら、4月14日を楽しみにしたいところだ。最後に、日本マイクロソフトのコメントを掲載して締めくくりとしたい。

【日本マイクロソフト担当者のコメント】
日本のお客様には大変お待たせ致しました。私たちとしても日本のお客様にGame Pass をお届けできることをうれしく思います。世界中が厳しい状況ではありますが、離れた人ともゲームという空間で共に時間を過ごすための一助となれば幸いです。

【Xbox Game PassバンドルPCも発売】

日本の商慣習に合わせて、いわゆる“認定ゲーミングPC”もリリースされる。予定されているのはサードウェーブ、マウス、ASUSなど6社。時期や特典の内容は、メーカーによって異なるという

Related Articles

PS4版のBOCWを買ってはいけない3つの理由【N...

高評価とチャンネル登録お願いします~ http...

Mad Catzのゲームコントローラー「EGO A...

 Mad Catzが2020年8月、2種類のゲーム...

MMORPG「BLESS UNLEASHED」のエ...

 NEOWIZは本日(2021年4月...