Opinion:安易なお金の夢は厳しい買収のリスクを生む –

0
99

高い評価額と貪欲な企業が買収の波を後押ししているため,キメラが作られていることについての深刻な疑問が投げかける必要がある。

 誰もが今年の業界周辺での買収活動の勢いを維持している場合 ― そして私はかなりの数の人々がそうであることを疑わないが ― Electronic Artsは,今週のリーグテーブルのトップに自分自身を後押しした。以前の求婚者であるTake Twoからかなり値を釣り上げたCodemasterの12億ドルの買収に続いて,今度は21億ドルを費やしてGlu Mobileを買収し,スマートフォンへの取り組みを強化するための明らかな入札を行っている(関連英文記事)。

 しかし,EAが2021年の第1四半期だけでも数十億ドルを費やしているにもかかわらず,大口の投資家の中でポールポジションで今年を終えることはなさそうだ。過去1年間,買収のニュースがない週はほとんどなかった。ゲームビジネスには統合の波が押し寄せており,小規模なスタジオの一括買収から,競争環境全体を再構築する数十億ドル規模のメガディールまで,業界のあらゆるレベルで買収が行われている。

 今月初め,Simon Carless氏は,さまざまな種類の買収が行われていることとその背景にある理由について,優れた分析を書いているが(関連英文記事),そのすべてにスポットが当たっている。少し振り返ってみると,買収活動が殺到しているのはゲーム業界だけではないことが分かる。これは,現時点で多くの上場企業,とくにIT業界の企業の評価額が非常に「泡立っている」というSimon氏の指摘にも通じるものがある。

ゲーム業界では統合の波が押し寄せており,業界のあらゆるレベルで買収が行われている

  この評価が1999年の色合いを感じさせるかどうかは別にして,私としては,最終的にドットコムの暴落を招いたPets.comのような馬鹿げたレベルには達していないと思っている。しかし,我々は確実にそこにたどり着くフィードバックループの周りで堂々巡りしている。上場企業への財務上の影響は非常に単純だ。上場企業の手には大量の現金が握られており,その現金を使わなければならないという大きなプレッシャーがかかっている。

 株主は,資金が休眠状態にあるのを見たがらないものだ。AppleやMicrosoftであれば,大部分が非生産的な金融資産を大量に抱えていても問題はないが,ほとんどの企業にとって,バランスシート上に大量の現金があるということは,経営陣の資本配分能力の低さを示しているように見えるのである。さらに,これらの企業の評価は,収益性ではなく売上高によって大きく左右される(多くの企業の多くはまったく収益性がない)ため,買収は他社の売上高を自社の売上高に乗せるだけで売上高を増やせる手軽な手法となっている。

 この要因だけでも,昨年起こった買収の多くを説明できる。― そして,現時点でティードアップされているすべてのものも ― しかし,それらのすべてではない。このような行動を引き起こしている要因はほかにもあり,それらは考慮に値するものだ。なぜならば,買収の理由は,それが生み出す合併企業の最終的な成功に大きな影響を与えるからだ。現在見られるM&Aの規模は,今後何年にもわたって業界に足跡を残すことになるだろう。

買収の背景にある理由は,それが生み出す被買収企業の最終的な成功に大きな影響を与えるからである

 ここ数年の買収で最も珍しいのは,一握りの「ジンベエザメ」の存在だろう。巨大な企業が口を開けて,目についたものはすべて手に入れようとしているのだ。Tencentはゲーム業界では最も顕著な存在であり,この業界で最も影響力のある多くの企業,とくにオンライン業界に関心のある企業のシェア(完全所有ではないにしても)を急速に獲得している。ソフトバンクも同じようなレベルで事業を展開している企業の1つだが,近年はシリコンバレーの「ユニコーン」への大規模な投資を好んでおり,ゲームへの関心をほとんど失っているように見える。

 これらの企業は,業界の大手プラットフォームホルダーとはまったく異なるレベルで事業を展開しており,公然とであろうと暗黙のうちにであろうと,主権者の富によって支えられており,彼らの買収プログラムの目的は,直接的な利益動機と同様に,威信や帝国の構築にも関係しているかもしれない。彼らの存在と活動の性質は,他の企業に脅威を与えている。このような企業は,他の企業にも買収についてより積極的に考えるように促している。すなわち,今買わなければ,明日誰かに買収されてしまうかもしれないからだ。その恐怖心は,どんなに規模が大きくても,普通の企業が,買収の財務面に対する態度が非常に異なる企業との入札合戦に勝つことが事実上不可能であるという事実によって悪化している。Tencentとその仲間が嗅ぎつけてくる前にほしい資産を買い取ることが重要なのだ。

Codemasters の買収は製品戦略レベルでは意味があるが,最近の多くの買収はより揺るぎない理由で行われている
Opinion:安易なお金の夢は厳しい買収のリスクを生む

 これは水域に混乱をもたらし,チェーンの少し下にある企業間の競争意識を駆り立てることにもなる。たとえばGluがEAと相性がよいというのは間違いないと思う。しかし,この取引の動機の一部は,GluがEAのライバル企業の買収ターゲットになる可能性があったことであると私は確信しており,投資家がとくに好きな分野であるスマートフォン向けのタイトルであるGluの収益を,EAのライバル企業がかなり安い価格で買収できると見ていたからだ。この分野での注目は当然Zyngaに向けられることになるだろう。同社は,おいしい買収ターゲットとして自分自身を提示しようとしている会社から期待されるであろう数字の種類を正確に報告している:偉大なトップラインの売上高の数字は,明らかに利益重視の犠牲のうえに生成されている。

100億ドル以下の時価総額の会社がどれくらいの期間,独立していることを期待できるのだろうか

 100億ドル以下の時価総額の企業が,このような環境の中でどれだけの期間独立した状態を維持することを期待できるのかは疑問である。とくに家庭用ゲーム機のプラットフォームホルダーは,MicrosoftのZenimaxの買収後は,お互いに慎重に様子をうかがっているため,この世代が独占企業による買収競争に発展しそうかどうかを彼ら(および業界全体)は見極めようとしている。

 買収スペクトルの下の端では,活動のほとんどは,Zyngaがやっているのと同じように暗黙のうちに設計されているように見える。つまり,より大きな魚に魅力的な買収ターゲットを提示するために,規模を大きくしているのだ。複数のスタジオを1つのきちんとした規模の組織に統合することで,まともな規模の開発とパブリッシング事業を,次の数四半期の収益を増やせる,大企業にとって価値のある十分な収益のある組織にまとめようとする試みがいくつか見受けられる。これは小規模な買収活動の波(その中には本当に良い文化的,商業的に適合するものも間違いなくいくつかあるだろうが)を皮肉っているように見えるかもしれないが,いずれにしても起こっていたであろう買収だ。

 他のすべてのものは,市場のトップで周りに浮いているお金は簡単には底に滴り落ちないという金融の現実によって駆動されている。非常に裕福な企業による買収は,1000万ドル,5000万ドル,1億ドルの範囲ではなく,10億ドルの範囲で起こっている。実際にそのレーダーに自分自身を置くための1つの方法は,はるかに大きくより裕福な会社に,自社を美味しそうなおつまみに見せるために,小さな買収のブレスレットを使用して,グループ化することだ。

 市場のテックユニコーンへの現金の洪水がいつ終わるかは誰にも分からないが,いずれは終わってしまうことは誰もが知っている。そのため,簡単に,そして泡立つような資金の恩恵を受けられるほどの規模ではない企業には,非常に不確実な期限が設定されている。音楽が止まり,市場が修正されるまでに,高価値の買収で驚くほど金持ちになれる大企業でなければ,少なくともあと5年から10年は,おそらく完全に船出を逃していることになるだろう。

 短期的な計画がうまくいった場合は,多くの人が金持ちになるだろう。残念なことに,多くの企業にとって,それはうまくいかないだろう。大きく見せてプレミアム価格で買い占められたいという欲求は ―そうしたいのは分かるが― 長期的に見て,2つの企業の運命を一緒に結合するための良い理由ではない。それらの多くにとっては,新しい規模感を迅速に上流から買収に活用できない限り,今行っている買収のリスクは,お互いにひどくうまく動作しない部分を縫い合わせた,不安定なキメラ企業を作り出してしまうだけかもしれないということだ。そうなると,それらの企業やそこで働く人たちに深刻な結果をもたらすことになるだろう。

 安易な資金がこれらの買収を推進するのが終わって時間が経つと,業界の風景は上から下まで非常に異なったものに見えるだろう。―そしてその変化の多くは良い方向には向かわないだろう。