12.5 C
Tokyo
日曜日, 11月 29, 2020

Epic vs Apple,裁判官は陪審員による裁判を求める –

早ければ2021年7月に審議が開始される可能性があるが,FortniteがiOSに戻れるかどうかについてはまだ決定権はない。

 Epic Games と Apple の間で現在進行中の独占禁止法違反紛争を監督する裁判官は,来年行われる可能性が高い陪審員による裁判を提案している。

 この事件の最初の公聴会は,昨日3時間のビデオ会議を介して開催され,双方が初めて裁判官に直接自分のケースを主張することになった。

 Yvonne Gonzales Rogers判事は,GamesBeatの長大な記事によると(参考URL),AppleにFortniteをApp Storeに戻すことを強制するような,Epicが要求した差し止め命令についての判決を下さなかった(関連英文記事)。

 しかし,彼女はこのケースを1人の人間の判決を超えて昇格させることを提案した。

 「私は個人的にこのケースは陪審員に審理されるべきだと思います」と 彼女は言った。「私は個々の裁判官が必須の要素を持っているとは思いません」

 Gonzales Rogers氏は,裁判は早くても2021年7月に始まると予想している。

 「これは魅力的な裁判になると思います」と氏は語った。「ウォールガーデンは何十年も前から存在しています。任天堂もウォールガーデンを持っていました。ソニーもウォールガーデンを持っていました。Microsoftはウォールガーデンを持っていました。この特定の業界では,Appleがやっていることはあまり変わりません」

 Epicは,同社がiOSのApp StoreからFortniteを削除したことを受けて,8月にAppleに対して独占禁止法違反の訴訟を起こしている(関連英文記事)。―
これは,直接支払いを導入したHotfixに対応して行われた動きで,Appleのすべてのトランザクションに対する30%の手数料を覆し,Appleのデベロッパガイドラインに違反していた。

 公聴会で聴取された議論の多くは,以前の申し立てや提出書類から繰り返されたものや,その内容を精緻にしたものだった。

 Epicは,Appleが独占的な行為を行っており,直接支払いを認めないことで競争を妨げていると主張している。

 Appleは,数年前に署名したデベロッパルールを守らないことを意図的に選択しているため,Epicに対する損害は「自業自得」であり,EpicはダイレクトペイメントのHotfixを削除し,同ルールを順守しながら,この訴訟を継続できると繰り返している。

 しかし,両者について新たな知見を得ることができた。

 Gonzales Rogers 氏は,iPhone と App Store がそれぞれ発売された 2007 年と 2008 年頃には,Epic が革新者とみなされていたことから,いつ頃から Apple が独占的になったと考えられるようになったのか,と質問した。

 Cravath,Swaine & MooreでEpicの社外弁護士を代表するKatherine Forrester氏は,2018年にEpicがマークに入ったあとと,今年の夏にFortniteの会社がAppleとの交渉に失敗したあとだと語る。

 Forrester氏によると,Epicは,交渉が尽きたと言われたときにHotfixを使用することに頼らざるを得なかったと述べており,これは明らかに同社がこのケースを非常に緊急性の高いものとして見ている理由だ。

 裁判官はまた,Appleの30%の料金が業界標準であるにもかかわらず,なぜEpic社がAppleの30%の料金を不愉快に感じるのかについても質問した。

 「ビデオゲーム業界を見てみると,30%が業界標準のようです」と氏は語った。「Steamは30%を請求しています。GOG,Microsoftは30%を課金しています。家庭用ゲーム機では,PlayStation,Xbox,Nintendo,GameStop,Amazon,Best Buyが30%を課金しています。Epicはそうではありません。競争の欠如はどこにあるのでしょうか?」

 同じくCravath,Swaine & MooreのGary Bornstein氏は,iOS版Fortniteプレイヤーの63%はAppleのプラットフォームでしかプレイしていないと語る。AppleはEpicが独自のストアを運営できないようにしており,iOSユーザーはAndroidユーザーよりも多くのお金を使っているため,Epicにとっては彼らのほうが価値が高い ―しかし現在Appleは彼らを切り捨てようとしているという。

 Epicの弁護士は,ゲームがApp Storeから削除されて以来,Fortnite iOSのデイリーアクティブプレイヤーが60%減少したと観察している。

 Appleの外部弁護士 ―Gibson,Dunn and CrutcherのRichard Doren氏― は,EpicがiOS版Fortniteのプレイヤーが,利用可能な他のプラットフォームでゲームをプレイすることに切り替えることができないという十分な証拠を提供していないと主張した。

 氏は,iOS上で定期的にプレイしているFortniteプレイヤーはわずか10%だけだと付け加えた。

 直接支払いの使用をめぐる議論について,Epicは,物理的なサービスを提供するアプリデベロッパ ―LyftやUberのようなライドシェアアプリなど― や,Amazon Prime Videoのような動画アプリでさえも,iOS上で直接または代替の支払いシステムを使用することが認められているとしている。

 Appleは,ゲームのようなもののためのアプリ内購入(IAP)は,Epicの挙げた例と同じような別のビジネスではないと主張した。

 「Epicの事実上の主張は,IAPを別個の単一の製品市場として定義するための根拠を提供していません」同社は語る。「申し立てられた提携製品が,顧客に販売される全体的な『ビジネス方法』の不可欠な要素である場合,裁判所はそれらを1つの製品とみなすのです」

 Gonzales Rogers氏は,アプリ内購入を別個の別個の製品とは見なしていないことに同意した。

 しかし,Epicは,直接支払いの導入に賭けたことで,そのようなオプションに対する需要があったことを証明したと語る。8月13日から ―Epicが最初にHotfixを実装したとき ― 8月27日までの間に,FortniteのiOSプレイヤーの54%が直接支払いを使用していた。

 「我々は,Appleが別の製品はないという能力を排除しました」とForrester氏は語る。

 Gonzales Rogers氏は,これは “良い証拠 “であるとしながらも,「Appleのルールを遵守した状態に戻ることができないという意味ではありません」と同意した。

 裁判官は,Hotfix が “妨害工作” であるという Apple の主張に対して,Epic が直接支払いをどのように実装したかについては正直ではなかったことに同意した。

 「あなたは正直ではありませんでした」と氏は語る。「あなたはそれができないと言われていたのに,それをやってしまったのです」

 事前に用意されたショートフィルム(関連英文記事)や反アップルのゲーム内イベントなど(関連英文記事),Epic の同社に対するキャンペーンは非常に計算されたものであるとの主張に対して,同社の社外弁護士は,Apple が修正プログラムに報復することを承知のうえで,Epic は慎重に計画を立てなければならなかったと語る。

 「我々は,我々と激しく戦っている世界最大の企業を相手にしたのですから,それは承知のうえでのことでした」

 Epicは裁判所に損害賠償を求めていない。― 判決によってAppleがApp StoreからFortniteをブロックするのを防ぎ,デベロッパが30%の手数料を支払わずに直接支払いを受けられるようにすることだけを求めている。

 一方,Appleは,補償的および懲罰的な損害賠償,弁護士費用,利息,さらにEpicが利用規約に違反して得たとされるすべての収益,利益,その他の不正な収益の返還と没収を求めている。

 Epic Gamesは,Google に対しても直接支払いを導入し,Fortnite が同プラットフォーム上で禁止されたことを受けて,同様の訴訟を抱えている(関連英文記事)。

 Googleは,2つのモバイルプラットフォームの所有者がどのように動作するかの決定的な違いを引用して,Appleと同社の裁判をバンドルするのではなく,2つのケースを異なるように扱うために裁判所を促している(関連英文記事)。また,同社はまだEpicからの公式の訴状を受け取っていないとしている。

 昨日,同社は来年のAndroidリリースでサードパーティのアプリストアを利用しやすくすると発表したが(関連英文記事),Google Playストアを通じたデジタルグッズの支払いをすべて30%カットすることで負担を倍増させている。

※本記事はGamesIndustry.bizとのライセンス契約のもとで翻訳されています(元記事はこちら

Related Articles

【西川和久の不定期コラム】Ryzen 7とRade...

 デルは5月22日、「ALIENWARE」および...

JBLの光るゲーミングスピーカー!見た目も音も大満...

世界的なオーディオメーカー「JBL」が手掛け...

PS4 ソフトカタログ 2020.09

2020年9月発売予定のPS4ソフトを発売日順...