23.6 C
Tokyo
木曜日, 6月 24, 2021

Conドリフトをめぐる計画的な陳腐化で訴訟 –

フランスの団体は,制御装置が電子回路の早期摩耗と気密性の欠陥に悩まされていることを発見した。

 フランスの消費者団体UFC-Que Choisirは,計画的な陳腐化と反消費者行為で任天堂を訴えていることを発表した。

 この非営利団体は2019年11月に,Switch用のJoy-Conコントローラで,プレイヤーが実際にアナログスティックを動かしていなくてもコントローラが動いてしまうという悪名高いドリフティングの欠陥について,すでに警告を発していた。

 現在,UFC-Que Choisir は,任天堂がこの問題に対して無償修理を提供しつつもコントローラの製造方法を変更せず,欠陥のある Joy-Con をまだ発売していることをプレスリリースで指摘し(参考URL),訴訟を行うことを決定した。

 フランスの協会は専門家に分析を依頼し,任天堂は数か月前にSwitchコントローラの製造方法を変更しており,問題を認識していたにも関わらず欠陥を修正していないことに気付いた。

 いくつかのサンプルを分析した結果,UFC-QUE Choisir氏は問題を引き起こしている可能性のある2つの欠陥を発見した。電子回路の早期消耗と気密性の欠陥だ。これらはJoy-Conの内部に多くの破片や埃が入り込む可能性があるということを示している。

 「不具合の性質,プレイヤーにとっての発生頻度,製品の寿命が限られていること,不具合を知らされているにもかかわらずメーカーが惰性で行っていること……。これらはすべて,任天堂における計画的陳腐化の慣行の特徴です」と同組織は語る。

 計画的陳腐化とは,企業が故障するように設計された製品を作る戦略であり,人々は代替品を購入する必要がある。

 訴訟はナンテールで起こされており,UFC-QUE Choisirは任天堂に対し,Joy-Conの製造方法をきっぱりと変更するよう求めている。

 Joy-Conのドリフト問題は,ほぼSwitch発売時から任天堂を悩ませていた。しかし,最初の公式な苦情は2019年7月にNintendo of Americaを相手に集団訴訟が起こされてからだった(関連記事)。数日後,任天堂は問題の無料修理の提供を開始した(関連記事)。
― 執筆時点ではまだ提供されている。

 2019年9月,Switch Liteは発売からわずか1週間後にJoy-Conドリフトの集団訴訟に追加された(関連英文記事)。今年初め,ワシントンの裁判所は,集団訴訟を棄却する任天堂の訴えを否定したが,仲裁に付託した(関連英文記事)。

※本記事はGamesIndustry.bizとのライセンス契約のもとで翻訳されています(元記事はこちら

Related Articles

「ファーミングシミュレーター 22」の発売日が決定...

 バンダイナムコエンターテインメントは、シミュレー...

PS4新作!次世代グラのチェルノブイリ原発オープン...

申し訳ない!動画内で視野角に触れるの忘れた!圧...