12 C
Tokyo
月曜日, 11月 23, 2020

ソニーJim Ryan氏「我々は,PS5でゲーマーに真の次世代機を買うという確信を与えたいと考えています」 –

ソニーがジェネレーション,エクスクルーシブの重要性を語る,Xbox Game Passの後を追わない理由とは? 

 昨夜のPlayStation 5のイベントについては(関連記事),それだけではあまり語るべきことはないかもしれない。

 Spider-Man, Demon’s Souls,God of Warなど,ソニーの顧客を喜ばせるAAAのファーストパーティゲームがいくつか発表された。サードパーティのゲームは,ファイナルファンタジーやバイオハザードなど,PlayStationの名作ばかりだった。そして,その価格は,新しい次世代機にしては普通の価格に思えた。実際,デジタル専用機であるPS5は,かなりリーズナブルな価格に思えた。

 しかし,このPS5のイベントは,主要な競合他社が独自のサプライズ発表を行ったわずか1週間後に開催されたのだ。先週,Xboxは “低価格”なシリーズSを発表して話題を集めたが,その後,EAとの契約によりGame Passの提供を強化した(関連記事)。

 PlayStationのチーフ(※SIE社長兼CEO)であるJim Ryan氏は,Microsoftの新たな戦略を正確に認識している。前回,Ryan氏に話を聞いたときには,XboxのPhil Spencer氏が,ゲーマーに “特定のデバイスを購入したい日に購入する “ことを強制するのは,”ゲームの本質に反する “と主張して,世代交代を軽視するような発言をしていたが,今回はそのようなことはなかった。Microsoftはその後もこのような主張を続けており,ゲーマーがさまざまなデバイスでゲームをプレイできるようにすることに重点を置いていると主張している。

「だいたいにおいて,我々はシステムのアーキテクチャにおける妥協を最小限に抑えるか,回避しようとしていました」

 これはソニーの戦略とは正反対のもので,Ryan氏はPlayStationのショーケースに続いて行われたブリーフィングの冒頭で,この問題に取り組みたいと意気込んでいるように見えた。

 「7年が経ち,多くのことが起こりました」と氏は語る。「我々は明らかに,一方では大きなコミュニティを築き上げていました。その一方で,多くのテクノロジーの変化や進歩がありましたが,我々の関心は,人々のゲームの遊び方や体験の仕方に変革をもたらすという範囲でしかありません。我々にとって,それを捉え,大きな一歩を踏み出すには,家庭用ゲーム機の移行やプラットフォームの移行が必要なのです。我々はこれを『ジェネレーションアプローチ』と呼んでいます」

 「これが唯一のモデルではないことは分かっていますが,我々が気に入っているモデルです。他のモデルも可能です。コミュニティの均質化,ゲーム体験の均質化というアプローチを追求することは,完全に正当なものです。我々はそれよりももう少しニュアンスを変えて,コミュニティのさまざまなセグメントのニーズに合ったゲーム体験を提供する方法を見つけたいと思っています」

 「その鍵となっているのは,ここ数年でWorldwide Studiosが絶対的な強豪へと成長したことであり,素晴らしいゲームを作るスタジオのネットワークです。我々は,このネットワークの有機的な成長のために,静かに,しかし非常に着実に投資を行っていました」

PlayStationの Jim Ryan氏
ソニーJim Ryan氏「我々は,PS5でゲーマーに真の次世代機を買うという確信を与えたいと考えています」

 今年のクリスマスには2台のPS5が発売されるが,そのアプローチはXboxが採用しているものとは大きく異なる。どちらのPS5も同じだが,片方はディスクを再生できるのに対し,もう片方はディスクを再生できない。Xboxの2つの家庭用ゲーム機は機能が大きく異なる:1つは超強力な,完全に4Kの次世代機であり,もう1つは高度な機能が少ないが,大幅に削減された価格となっている。PS5を100ドルも下回る価格だ。

 「ハードウェアのラインナップに関しては,ゲーマーに確信を与えようと考えたのです」とRyan氏は説明する。「SKUの構成を見たときの確信。真の次世代ゲーム機を購入するという確信です。前にも言いましたが,PS5のデジタル版とPS5の違いはディスクドライブだけであることを明確にすることが重要です」

 「我々は,ゲーマーの皆様が数年間使用できるハードウェアを購入する際には,確実性を求めていると考えています。また,将来性があるという確信を求めています。たとえば,テレビを4K版にアップグレードする際には,PS5と完全に互換性があるという確信を求めています」

 「また,デベロッパは,制約のない方法で仕事ができる必要がありますが,PS5ではそれが可能だと1年以上前から言われています。同様に,デベロッパの皆様は,PS5の機能セットにどれだけ興味をそそられ,喜んでいるかを語ってくれています。全体的に,システムのアーキテクチャ上の妥協を最小限にしたり,避けたりするようにしていました」

 Ryan氏は,今回の発言でも完全に守りに入っていたわけではなかった。― 実際のところまったくそうではなかった。今年のクリスマス,そして発売時期に向けて,PlayStation 5の大きなアドバンテージとなるのは,ファーストパーティからのリリースが多いことだ。PlayStation 5では,ジャプアクションSackboy(ファミリー向け),Demon’s Souls(コアなファン向け),そして新作 Spider-Man(まあ,みんな向け)が発売される。競合他社と比べても,かなり強力なラインナップとなっている。

「7年めは,これまでのどの世代においても,PlayStationの独占ゲームのラインナップとしては最高のものとなっています」

 「我々は,2つの方法でそれを見ています。PS4のコミュニティは,今後何年にもわたって我々にとって非常に重要な存在となるでしょう」とRyan氏は語る。「このコミュニティは数千万人規模になるでしょうが,我々は今年以上に彼らとの距離が縮まったことはありません。7年めを迎えたWorldwide Studiosがそのコミュニティに貢献できたことに感激しています。また,どのプラットフォームからも,7年めに発売された独占ゲームのラインナップとしては,間違いなく最高のものだと思います」

 「我々はこれを継続し,PS4のコミュニティを愛し,尊重すると同時に,何百万人ものゲーマーの皆様がPS5でしかできないゲーム体験の世界への移行を望んでいることを認識しています。昨晩,それを実証できたことは,非常に素晴らしいことでした。ここでもWorldwide Studiosの力が発揮されており,ローンチ時やローンチ時期での独占ゲームのラインナップは,これまでの新型ゲーム機の中でも最も強力なものとなっています」

 「我々はそれを実感できるようにしました。数か月前に見たゲームでも,確かに進歩していることが伝わってくるでしょう。デモンストレーションには実際の内容がありました。本当に強力でパワフルなプレゼンテーションでした。ビジネス面や数字面での話をしなければならない我々にとっては,次世代ゲームの優れたデモンストレーションを確実に行うことは非常に重要なことなのです」

PS5のハードウェア構成は,ディスクドライブを搭載したものと搭載していないものがある
ソニーJim Ryan氏「我々は,PS5でゲーマーに真の次世代機を買うという確信を与えたいと考えています」

 PS5のイベントでのサプライズといえば,PlayStation Plus Collectionだ。オンラインゲームをプレイするための必須条件である,ソニーの定額制サービス「PS Plus」に加入している人には,PS4用ゲームの大規模なラインナップが提供され,その中にはファーストパーティの大作やサードパーティのタイトルも含まれている。

 「偉大なファーストパーティIP,偉大なパートナータイトルがすべて揃っていますので,初めてPlayStationをご利用になる人にはお勧めです。また,PS4を持っていなかった人がPS5を手に入れて,PS Plusのサブスクリプションを利用する場合,基本的にはサブスクリプションの価格でPS4を手に入れることになります」とRyan氏は語る。「これを実現できることを嬉しく思っています。これは本当にエキサイティングなことであり,皆様にも驚きと喜びを感じていただけたのではないでしょうか」

 PS Plus Cellectionは,ソニーのストリーミング/サブスクリプションサービスPlayStation Nowに代わるものではない。PS Plus Collectionは,Xbox Game Passの魅力の一部を打ち消すための別のサービスだ。もちろん,Xboxは,すべてのゲームを発売日にサービスに投入し,サブスクリプションプレイに入れている。我々は以前,PlayStationがこれに追随するかどうかについてRyan氏に話を聞いたことがあるが,氏の答えは変わらない。

「我々は,新作をサブスクリプションモデルにするつもりはありません。これらのゲームの開発には1億ドル以上の費用がかかります。それが持続可能であるとは考えていません」

 「我々にとって,ゲームのカタログを持つことは,プラットフォームを定義するものではありません」とRyan氏は語る。「聞いたことがあるでしょうが,我々の売りは『新しいゲーム,素晴らしいゲーム』です。以前にもこのような話をしましたが,新作タイトルをサブスクリプション モデルに入れるような道を歩むつもりはありません。これらのゲームの開発には何百万ドル,1億ドル以上の費用がかかります。それが持続可能とは考えていません」

 「我々は,ゲームをより大きく,より良いものにしていきたいと思っており,ある段階ではより持続性のあるものにしたいと思っています。そのため,初日にサブスクリプションモデルを導入することは,我々にとっては意味がありません。別の状況にある他の人にとっては意味があるかもしれませんが,我々にとってはそうではないのです。我々は既存のエコシステムを拡大・成長させたいと考えており,新しいゲームをサブスクリプションモデルにすることは,それとは相容れないのです」

 このニュースは,COVID-19の大流行の間にデジタルビジネスモデルへの移行が急激に加速しているゲーム専門小売店にとっては安堵感を与えてくれるかもしれない。しかし,デジタル専用機のPS5がディスクドライブ搭載機より100ドルも安いというニュースは,Xboxが大幅に手頃な価格のデジタル専用機を発表したわずか1週間後のことであり,失望感を与えているに違いない。

 「専門店がこのモデルを在庫しても問題はありません」とRyan氏は続ける。「面白いことに,クレジットカードを持っていない人のためにキャッシュカードを販売するという,専門店のための素晴らしいエコシステムが生まれています。このようなカードが必要とされるたくさんの理由があるのです。我々と小売店との間で,マージンの議論が前後していることには触れたくありませんが,我々はそれを両立させる方法を見つけたと考えています」

 PlayStationと小売店との関係は,Xboxのもう1つの新たな取り組みであるAll Accessに対抗する必要性を感じていない理由の1つだ。Xboxは,月額料金でGame Passの利用が可能な新しいゲーム機を購入できるようにしている。現在の経済状況を考えると,これは有益なことかもしれないが,Ryan氏によると,これはPlayStationのシステムではすでに可能なことだそうだ。

PS5の大型ローンチタイトルの1つに「Spider-Man: Miles Morales」が登場
ソニーJim Ryan氏「我々は,PS5でゲーマーに真の次世代機を買うという確信を与えたいと考えています」

 「実際には,小売主導のある種の融資モデルを利用して購入されたPS4のプロモーションが非常に大きく行われています」とRyna氏は語る。「これは小売店が行っていることです。また,多くの国との取引を成功させてきたことで,人々が求めるものが市場によって異なることが分かりました。我々は,特定の市場のニーズを満たす融資ソリューションやバンドルを提供するために,細心の注意を払って,レーザーのように集中して取り組んでいます」

 「ポーランドはスカンジナビアとは違い,イタリアとも違い,イギリスとも違います。我々は,小売パートナーと一緒に,ゲーマーが買いたいものを提供しているのではなく,売りたいものを提供していることを確認することに,非常に努力しています」

 昨晩のイベントでは,当然のことながら,価格や発売ラインナップについての話題が多かった。しかし,発表会ではサードパーティのパブリッシャが主役となり,Fortniteの短いカメオ出演もあった。6月に開催された前回のPS5イベントに続き,今回のイベントではGrand Theft Auto Onlineの発表が行われた。

「特定のタイトルに忠実なサブコミュニティをおろそかにしないことが非常に重要です」

 これらのゲームは,以前のものと比較して,この家庭用ゲーム機の移行における重要な違いを強調している。今のゲームには,その1つのゲームしかプレイしないかもしれないコミュニティが存在する。今世代のプラットフォームホルダーにとっての重要な争点の1つは,これらのユーザーに新しいシステムでゲームをプレイし続けてもらえるように説得できるかどうかということになる。

 「我々はPlayStationのコミュニティについて話したいのですが,PlayStationのコミュニティの中には,特定のゲームやゲームに集中してプレイしている人たちがいます」とRyan氏は認めている。「我々が目指すプラットフォーム移行の規模とペースを実現するためには,特定のタイトルに非常に忠実に執着しているサブコミュニティ,つまり『プラットフォームとしてのゲーム』をないがしろにしないように注意することが非常に重要です。サードパーティのパブリッシャとの提携を新たに進めているタイトルもあります。これは非常に重要なことだと考えています」

 今のゲーム機業界は確かに魅力的な時代だ。伝統的な2つの競合他社は,まったく異なることをしている。PlayStationにとっては,新世代に向けてPS4の勢いを維持するために,ほぼ同じ戦略を踏襲する必要がある。問題は,どこから成長していくのかということだ。PlayStation 5の時代をPS4世代よりも成功させるためには何が必要なのだろうか? 

 Ryan氏は,「地理的に成長しているエリアには,我々がまったく手をつけていないところがたくさんあると考えています」と結論づけている。「我々が成功していない国はたくさんありますが,我々のような方法で自分たちの地位を確立することに成功しています。また,PS1を非常に楽しんでいた世代が高齢化してきていることもあり,今では子供だけではなく,ほとんど孫の世代になっていると思います」

 「人口の増加,性別の増加……それらの機会も相当なものです。そして,これはあくまでもその最たるものだと思います。PS5のユーザーエクスペリエンスについては,まだ何もお見せしていません。その中で,PS5の機能セットがより粘り強くなり,人々のゲームの作り方がより賢く,より面白くなってきています。より多くの方に楽しんでいただき,より多くの時間をPS5で過ごすことができるようになるでしょう」

 「それは今年見てきたことです。今年目にしたものは,我々を驚かせ,存在しないと思われていた機会に目を開かせてくれました。我々のコミュニティを成長させ,世界中のより多くの方々にPlayStationをお届けするために,さまざまな方向性でチャンスがあるのです」

Related Articles

KORN、”World of Tank...

WargamingのNintendo Switc...

【Hothotレビュー】RTX 3080搭載で水冷...

GeForce RTX 3080搭載の新型フルタワ...

【部分痩せヨガ!お尻編Part3】ヒップアップ効果...

【部分痩せヨガ!お尻編Part3】ヒップアップ...