莇平の年間行事

莇平で行われる様々な行事に、明後日新聞社社員や全国各地からのお客様が、家族連れなどで参加させてもらっています。朝顔に関するものも、いつの間にか立派に年間行事と言えるようになった気がする。


小正月

1月第2日曜日(15日に近い日曜)
五穀豊穣、無病息災を祈っての「賽の神」行事(どんど焼きと墨塗り)、その後に行われる「雪投げ」は、一度参加したらやみつきになるかも!?「賽の神」前夜にはハロウィンのように歌いながら集落の一軒一軒をまわる「鳥追い」が行われる。

写真は2005年の小正月の様子

 

ロープ張り、苗植え、田植え

5月下旬~6月初旬
明後日朝顔のロープ張り、苗植え、明後日田んぼの田植えを行います。集落のみなさんは、自分の田んぼの田植えシーズンと重なるので大忙しです。


© Yuji Takeuchi
写真は2003年のロープ張りの様子

盆踊り

8月15日
毎年工夫を凝らして出現するやぐらを囲んで集落のみなさんと輪になって踊ります。提灯の灯りと大自然の中、あかぺらで踊る独特な盆踊り「しっちょいさ」「よいやさ」はステップがかなり難しいような気がする!

写真は2007年の盆踊りの様子

 

収穫祭、縄おろし

10月第4日曜日
ロープをおろして冬に備えます。作業のあとは、五穀豊穣に感謝して採れたてのお米でお餅つきを行うなど、収穫祭が賑やかに行われます。

写真は2005年の収穫祭の様子